2018年07月08日

長雨一過

流されてきた自転車が覗く濁流の賀茂川

豪雨漸く収まる

梅雨の長雨が漸く収まった。ただ、今日も大方曇りで、近隣でひと雨ふた雨降ったところもある。

長い雨というより、激しい雨であった。今月2日から昨日7日までの間、強弱はあったが、世のなか全てが水浸しになるように感じられた。

その為、同じ状況に見舞われた西日本各地で人命を伴う大きな被害が出た。京都市街では昨日に雨の勢いが落ちたが、当初の予報通り今日まで激しさが続いていれば、大変なことが起きていたと思う。

因みに、山から少し離れた拙宅ですら、「緊急」が括弧付けされた避難指示が長時間出された。結果的に現在のところ表立った被害はなかったが、底知れぬ自然の威力に色々と考えさせられた。

今回は長時間・大量に降水があったため、洪水と土砂崩れ両方の危険があった。つまり、低地も山手も共に危険となったのである。ただ、洪水は河川水位が随時確認出来るが、土砂災害は必ず起こるものでもなく、発生の条件も複雑なため対応の判断が難しい。

激しい雨の最中、山手に住む小さな子のいる友人から電話で相談されたが、結局最新のハザードマップで友人宅の危険度を確認し、判断材料にしてもらった。勿論、過信は禁物だが、専門的調査の上にこうしたものが近年作成・公開されていることは良いことに思われた。

ただ、どれだけの人がこれを参考にしているのかは、少々疑わしい。よって、更なる広報や啓発が必要なのではないかと思われた。


上掲写真: 流されてきた自転車が浅瀬に覗く賀茂川。8日夕方だが、未だ激しい濁流が残る。冷泉(れいせん)通横の堰堤にて。


三条大橋下流・歌舞練場横の賀茂川護岸破損箇所

ちょうど四条南辺りに用があったので、そのまま河岸を下ると、三条大橋下流・歌舞練場横の護岸破損箇所と遭遇した。全国ニュースでも報道されたもので、京都市街での今回の豪雨痕跡を象徴するようなもの。

振り返れば、橋上や両岸から多くの人が撮影する様が見られた。


護岸破損箇所と賀茂川の奔流
護岸の破損箇所拡大。手前には未だ堰堤下で波立つ恐ろしい奔流があった。豪雨時に水が巻く堰堤下は破堤し易い場所。この上流近くにも近年直したばかりの跡が見られた。水流を弱める工夫で対処できないのであろうか。流体力学的計算・応用は近年発達している筈なのだが……


点々と賀茂川の護岸路上に続く流木
そして護岸の歩道上には流木等の塊が点々と続いていた。降雨の盛時、ここも奔流に洗われていたのであろう。道に上る際に気づいたが、護岸の高さが低いこの辺りは未だ立ち入りが禁止されていた。上流山間にはまだ黒い雨雲も見える。油断を反省し、帰路は堤防上の歩道を辿ったのであった。

posted by 藤氏 晴嵐 (Seiran Touji) at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 逍遥雑記