2022年08月28日

処暑発現

暑い夏の午後に清澄冷涼な水音を立てる、大文字山の銀閣寺登山口手前の中尾山の湧水

多雨・猛暑経ての久々行

盆過ぎて早2週近く経っているにもかかわらず、暑い日が続く。それでも今日は若干マシとの予報もあり、雨の心配も無さそうだったので、久々に裏山に出掛けた。

その目的は鍛錬と発見遺構等の視察。いつもの夏なら比較的良く出向くのだが、今年は雨が多く、また早くから猛烈な暑さに見舞われ体調も損ねたため、控えざるを得なくなっていた。

しかし、気温はここ数日より低めとはいえ、30度まで上がる予定。そもそも、前夜もほぼ熱帯夜だったので、朝から既に暑く、また湿度も高かった。そんな日曜の昼前から久々の近隣山上を目指す。


上掲写真 蒸し暑い夏の午後に清澄冷涼な水を落とす、大文字山の銀閣寺登山口手前の中尾山湧水口。帰路の下山時に撮影。


京都・山科の西谷遺跡で発見した、裏面に青海波圧痕をもつ須恵器片(甕か)

そして、山に入って一気に稜線まで上がり、当該地に到着。

去年路上で発見し、踏まれないように退避させた、凝った造りの古代須恵器片を再確認し、以前それが土中から覗いていた元の場所を確認すると、なんと、同体品とみられる続きの破片が続々と見つかった。

7月から続く幾度かの強雨に因り、地表に露出したようである。最初に遺物が出た場所から少々離れた場所の稀少品で、また破壊・散逸の恐れがあったため、一先ず代理回収することにした。

大文字山中の別所にある古代寺院遺跡付近で発見した遺物共々、一昨年からそれら稀少遺物の扱いを京都市の文化財保護課の担当氏に連絡・相談していたが、全く返答がないままであった。

担当職務者として、大人として呆れるばかりの有様であったが、知らぬふりは出来ないため、不本意ながら緊急的に預かることにした。

雨後の成果

そして、周辺での新たな遺物探索のあと、そこから遠くない谷なかの遺跡を探査。なんと写真の大型遺物片をすぐに目にしたのである。

縦横10cm程の大片のそれは青海波文の如き圧痕ある須恵器であった。6世紀の古墳時代から類例が出土しているもので、大型の甕等が想定出来た。


京都・山科の西谷遺跡で発見した、表面に平行線圧痕がある須恵器片(甕か)
こちらは前掲須恵器片の裏面。実はこれが表面で、前者が裏面。同心円模様の刻みを持つ当て木を裏面に当て、平行線状の刻みを持つ当て板で器胎を叩いて成形する大型陶器の成形技法痕跡であった。大型器胎は轆轤が使えないため、粘土紐で原形を作ったあと、このように成形するが、こうすることで、粘土が締まり、破裂等の焼成不良を回避したのである


京都・山科の西谷遺跡で発見した、縄目をもつ生焼け的?須恵器片
こちらも同じく谷なかの遺跡にて発見。縄目を持つ小片で、意図した焼成に達しなかった「生焼け」的須恵器片のようにみられた


京都・山科の西谷遺跡で発見した、粗い布目痕をもつ陶片
これも同じく谷なか遺跡にて発見。布目のようだが、かなり粗い圧痕を持つもの。土器のように見えるが、詳細は不明


京都・山科の西谷遺跡で発見した、古代の緑釉陶器らしき高台片
こちらも谷なかにて。施釉された国産高級陶器の高台部分(こうだい。器体底)である。黄色っぽいが、以前この辺りで保護課が採取したもの同様の、古代緑釉陶器の一種か


京都・山科の西谷遺跡で発見した、独特の圧痕をもつ須恵器片
こちらも谷なかだが、今回初めてその上流部で見つけたもの。独特の圧痕を持つ須恵器片とみられる。これまで何度確認しても谷なかの狭い範囲でしか遺物を見つけることが出来なかったので、非常に重要な発見となった。谷なかの遺跡を含め、ここは安祥寺川源頭に当り、稜線上の遺構と併せ、古代この一帯が何か重要な場所だった可能性を窺わせた

新たな遺物発見により今日の探査は予想以上の知見が得られた。やはり強雨により地表が洗われたことが効いたのか。同様に雨後が良いとされる、宝石採取を想わせる成果であった。


行事終了程ない痕跡が窺える、大文字山中腹の五山送り火の火床

短時行なるも有意義に

じっくり遺構を探索したあと、大文字山頂経由で下山を開始。

写真はその途中通過した「五山送り火」の火床。先日の送り火の際に点火された「大」字を構成する一点である。大きく強い火炎で焼かれた石の赤さと、地面の墨色が、行事終了程ない痕跡を伝える。


大文字山中腹の送り火火床下の登山路脇に急降下してきた玉虫
火床から更に下る登山路脇に急降下してきた玉虫。久々に見たが、小時以来、何か特別感・幸運到来の如きを与えてくれる良き存在である

さて、送り火火床を経て更に大文字山の「表山路」を下り、銀閣寺側登山口に下り出た。

今回は僅か2時間半程の山行だったが、新たな知見を得られ、また久々に近山にも親しめたので、暑かったが有意義なひと時となったのである。

posted by 藤氏 晴嵐 (Seiran Touji) at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 調査・研究

2022年08月21日

続避暑再開

旧芹生小中学校前・淀川源流灰屋川傍に聳えるブナの大木

再びの機会に感謝

再開・芹生避暑行2日目。

暑さで知られる京盆地近郊ながら、例外的冷涼を誇る高所集落・芹生(せりょう・せりう)での久々の避暑泊。

いつもなら雨戸を閉め、冬布団を被らないと寝られないほど夜は冷えるが、今回は湿度の所為か、窓を開けても掛布団が要らない程であった。

それでも、同晩生じていた下界は京都市街の熱帯夜よりは雲泥の差で、快適なことには変わりはなかった。

そんな近郊高所での有難い夜を過ごし、比較的朝遅くに起き(一部の人は明け方から活動。笑)、その後、少々遅めの手料理朝食を頂いた。その美味しさ・多彩さにも、初めて来た同行者らは感心頻り。

そして、その後、午後遅くまでひたすら寛がせてもらってから芹生をあとにした。帰りは往路経た貴船には下りず、一路丹波山地を北上してから、山間の灰屋や黒田・花脊等の集落を経て鞍馬に下り、帰宅した。

近場での僅かな避暑行であったが、同行者には喜んでもらえたようで何より。個人的にも久々に滞在することが出来て良かった。

コロナ禍継続の時世柄、宿の人に無理を強いたかもしれないことは少々心苦しかったが、一先ずは感謝で締めくくりたい。


上掲写真 旧芹生小中学校前・淀川源流灰屋川傍に聳えるブナの大木。今日も芹生は時折雨が降る天候となったが、これも、緑色(りょくしょく)新たにして、また良し。


清澄な芹生集落を流れる灰屋川の流れ
今朝も清澄な、芹生集落を流れる灰屋川の流れ

posted by 藤氏 晴嵐 (Seiran Touji) at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 紀行

2022年08月20日

避暑再開

京都貴船奥にある高所集落・芹生の家並と集落を流れる灰屋川

こちらも3年ぶり

今日は午後から京盆地北縁の山村・芹生(せりょう・せりう)に向かう。

その目的は、事情に因り長くお預けとなっていた身内の退職祝と避暑を兼ねた1泊休養であった。

京都市街近郊の高所集落・芹生は、最近毎年の如く訪れていた個人的避暑地。だが、コロナ禍の影響に因り、去年・一昨年と来ることが出来ず、祇園祭や五山送り火同様、3年ぶりの再訪となった。

とはいえ、死亡率が下がったものの未だコロナ禍は続いており、しかも感染者は過去最高の多さになっていたので対策に留意しての決行となった。

ひょっとして、2年間断り続けた宿の女将さんが、こちらを気の毒に感じ、無理に開けてくれたのかもしれない。事実、人数等を含め色々と制限をしている、とのことだったので、特別だった可能性は高い。

もし、そうであれば申し訳ない限り……。

貴船奥の冷涼天地

さて、借りた車輌にて貴船を過ぎ、芹生に到着。混雑を身構えていた貴船の細道は警備員導入による上下交互通行が導入されていたので、思った程時間を費やさずに通過することが出来た。

そして、芹生はやはり涼しかった――。

さすがは標高620mの高地。今日麓の市街は33度超の暑さであったが、25度前後の低さであった。ただ、湿度が高く、例年よりかは暑く感じられた。久々に会う女将さんも、そのことを詫びること頻り。

まあ、それでも冷房の必要は感じないので、連日暑さに苦しめられていた身心も一休み。初めてここに来た同行者らも驚くこと頻りであった。

ここより高所の街でかなりの暑さを感じたことが多々あり、以前から不思議に感じていたが、ひょっとすると、ここは周辺の山の頂と然程高さが変わらないので、所謂フェーン現象が起こらないから涼しいのか……。

天候は下界同様の曇りだったが、折角なので、コロナ禍前と同じく水着に着替え、少し川に浸かってみることにした。結果はお約束通りの冷水。

今年はまだ泳ぎに行けてないので、少しでもそれをしたかったが、数秒浸かるのが限界であった(笑)。

この後、空は益々重さを増し、まとまった雨を北山杉囲む山あいに注ぐ。

そして、それがあがったあと、少々周辺を散策し、夕方、湯に独特の「力」をもつ薪ボイラーの風呂に入り、名物の鶏料理等を頂く等した。


上掲写真 京都貴船奥にある高所集落・芹生の家並と、集落を流れる淀川水系桂川の源・灰屋川。

posted by 藤氏 晴嵐 (Seiran Touji) at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 紀行

2022年08月16日

盆火再開

8月16日猛暑日の夕方、京都大文字山麓から見た、同山火床面での五山送り火の準備

送り火完全再開

地域にもよるが、今日はお盆最後の8月16日。

少なくとも、ここ京都市街では今日が最終日であった。最終日ということは、迎え盆でやってきたお精霊(しょうらい・しょらい)さんが帰るとされる日であり、迎え火ならぬ送り火をする日でもあった。

本来は各家庭で行われるこの送り火が、共催化・巨大化したのが、京都の「五山送り火」、俗称「大文字焼き」である。

この五山送り火。去年までは火床の数を減らすなどして新型コロナ対策を行っていたが、祇園祭同様今年は3年ぶりに完全開催されることとなった。

写真は、そんな送り火の準備を夕方麓から望遠撮影したもの。最も著名かつ大きな大文字山の「大」字の火床で、猛暑気温のなかで作業する大勢の関係者の姿が見えた。

よく見ると、夜の雨予報の所為か、各火床に積まれた薪組みが、何かで覆われているのも確認できた。なんとか、恙なくこの記念すべき完全再開が成功しますよう……。

ところが――。

ちょうど先日から京都に来ていた甥が観たがったので、近くで見せるつもりでいたが、なんと点火数十分前に猛烈な風雨が襲来し、観覧どころか、開催自体も危ぶまれる事態となった。

ネットの雨雲レーダーを確認すると、豪雨を示す真っ赤なしるしが五山がある京盆地北部を覆う。予報では短時間で通過しそうだが、次の豪雨がすぐ迫っており、ちょうど開催時間の20時から21時に影響することが確実視された。

残念ながら、これでは実施は無理であろうと思い、甥との参観は諦め、その滞在先に留まることにした。だが、台風並みの豪雨は奇跡的に第一波のみで消え、10分遅れで送り火が開始されることとなった。

よって、滞在先でのテレビ視聴ながら、無事送り火を見届けることが出来た。運の良さもあるが、関係者の準備や尽力という大きな貢献を思い知らされた、送り火再開となったのである。

posted by 藤氏 晴嵐 (Seiran Touji) at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 催事(友人其他)

2022年08月15日

盆遊嵯峨

コロナ禍第7波最中の盆期間に嵐山渡月橋を渡るの観光車輌や人の賑わいと猛暑の夏空

熱闘盆案内!?

早6月に梅雨明けしたにもかかわらず、7月からまた雨天が続き、盛夏の候となっても、その状況が続いていた。

但し、その異状に猛暑の暑さが容赦なく加わった。上空に厚い雲があるので、それでもかなりマシなのであろうが、身心共に参らされることに変わりはない。

さて、個人的には盆までに進めねばならぬ仕事があり、避暑に行く時間もなかったが、何とか一段落出来たので、盆休みを得ることは叶った。

ところが、世はまた新型コロナの再襲来。

しかも世界最高という、不名誉で桁違いの感染者が生じる事態となった。それでも、死亡率の低下等の油断からか、人の動きは激しく、ここ京都市街周辺の交通でも久方ぶりに混雑の報せを聞くようになった。

これでは、避暑行どころか、近県に出掛けるのも憚られ、また厭うところとなった。ただ、北地の甥が大学見学等を名目にちょうどこちらへ来ることになったので、昨日から市街の案内をすることになった。

昨日は猛烈な湿暑と断続的強雨に見舞われる異状に苦しめられつつ、大学や伏見稲荷等を巡ったが、今日は写真の如く、渡月橋等で著名な嵐山や嵯峨野等を巡ることとなった。

今日も不安的な天候との予報が出ていたが、午後からは写真の如く夏の青空も見られた。ただ、同然ながら、こうなると暑さが増す(笑)。湿度も高いままなので正に二重苦の観光となった。

上流山手は、保津峡口辺りの大堰川(保津川・桂川)河岸の茶店でかき氷を食すなどして、休みつつ動いたのは昨日同様であった。


上掲写真 京都盆地北西端にある景勝地・嵐山にかかる渡月橋と、現れた猛暑の夏空。橋上を渡る多くの観光車輌や遊山者の姿も見える。


コロナ禍第7波最中の盆期間における嵐山・嵯峨野の竹林内の観光客らの賑わい
渡月橋の前には、甥の要望で嵯峨野観光ではお約束的なこんな竹林も巡った。ここも、コロナ禍以前程ではないが、十分人が多かった

そして、嵐山観覧後、京都市街中心に戻り、夜までお土産等の買物に付き合ったのであった。

posted by 藤氏 晴嵐 (Seiran Touji) at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 逍遥雑記