2023年10月22日

史祭初見

大鳥居を背に、終着地・平安神宮に向かい神宮道を進む時代祭・桃山時代列の一部「織田公上洛列」

動く歴史絵初観覧

鮮やかな大鳥居前を進む武者行列を捉えた写真は著名な時代祭の様子。

京都及び平安京の誕生日とされる今日10月22日(新暦換算では本来11月18日)に毎年京都市街で行われる秋の恒例祭事で、夕方覗いてみた。

時代祭は平安京遷都1100年を記念して明治28(1895)年に始められた祭事で、遷都当初から明治維新までの京都首都機能期に同地で活躍した人物や集団に仮装した市民が市街を行進する祭。いわば、動く歴史絵巻である。

その行列は、総勢約2000人による約2kmの長さを擁し、正午に市街中心の京都御所を発ち、16時頃に市街東の平安神宮に到着するという、大規模かつ絢爛なものであった。

私はその終盤たる平安神宮前にて観覧することにしたのである。京都の祭としては比較的新しいこの時代祭。葵祭や祇園祭と共に京都三大祭の一つとされるが、実は意外にも、これまで観たことがなかった。

それは、日が固定されていて、今回のように週末に当ることが少ないことや、前近代に遡るような歴史的祭ではないこと、装束考証等への疑いなどから、然程興味を持たなかったためである。

本来、今日も行くつもりはなかったが、前日知人から誘いめいた問合せがあったことや(結局知人は行けず)、偶々時間が空いたことなどから、折角の機会なので一度見ておこうと思って出かけた。


上掲写真 大鳥居を背に終着地・平安神宮に向かい神宮道を進む「織田公上洛列」。時代ごとに区切られた行列の内、桃山時代の一部を成す一群。


時代祭観覧のために平安神宮前の神宮道際に集まる観衆
参観を決めたとはいえ、恐らく混雑で観れず、すぐ帰る覚悟もしていた。しかし、終点際の観覧一等地・平安神宮前に着いたが、道際こそ、このように人が多かったが、贅沢を望まなければ観れない状況ではなかった。ひょっとして出発直後の御所辺りに集中し、終盤のここはマシとなったのか


平安神宮に向かい神宮道を進む時代祭・江戸時代列の一部「徳川城使上洛列」の「城使」
行列先頭には間に合わなかったが、比較的前の江戸期列から観ることが出来た。これは「徳川城使上洛列」の「城使」。時代列は新しい維新列より進む。しかし、ここは樹影がかかるので、道対面の東側に移動した。最初の画像はそこへ移ってからのもの。ただ、東側は反対に陽が眩しかった


京都・平安神宮前で演じられる、時代祭「室町洛中風俗列」の風流踊
時代列のなかには、歩みを止めて踊りや演奏を披露する一団もあった。これは中央の「風流傘」を中心に囃子方の「中踊り」と踊り手の「側踊り」で構成される「風流踊(ふりゅうおどり)」。「室町洛中風俗列」の主部で、中世、都で流行し、全国に伝播した民俗芸能を再現している


平安神宮に向かい進む、同社の神で時代祭の祭神、孝明天皇と桓武天皇の御霊代を乗せた御鳳輦による「神幸列」
そして行列後方では、トリ的な「神幸列」が現れた。正確にはこの後にまだ「白川女献花列」と「弓箭組列」があるが、平安神宮の神で祭の神である孝明天皇(前)と桓武天皇(後)の御霊代(みたましろ)を乗せた御鳳輦(ごほうれん)の列なので、重要である。そう、時代祭は同じく平安遷都1100年を記念して明治期に造られた平安神宮の大祭なのである

平安京の歩み感じる良祭

神幸列のあと最後まで観覧し祭参観を終えた。身近な場で行われてきた著名大祭ながら初めて観たが、平安京の歩みが感じられる良い祭であった。

希望としては、演者の年格好も合わせてほしいと思った。衣装や小道具の時代考証は厳密らしいが、その分、演者の姿が気になったからである。

とまれ、機会あれば、次は是非御所にて初めからみてみたいと思った。

posted by 藤氏 晴嵐 (Seiran Touji) at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 催事(友人其他)

2023年10月18日

四日月宵

日没直後、京都市街東部の空に現れた三日月(四日月)

三日月ならぬ宵に想う

夕方、出先で空を見上げると綺麗な三日月が。

今日10月18日は陰暦9月4日なので、正確には「四日月」となるが、秋の澄んだ空気の所為か、他に劣らぬ清澄な美しさがあった。

狭義の三日月日で、月が隠れる新月から最初に可視状態となる昨日なら、更に繊細美麗な姿だったかもしれないが、見逃してしまった。

まあ、これも一つの縁というか、機会。今日の良き遭遇を愛でたい。

三日月といえば、回教国の紋章が思い出されるが、その採用理由が少し納得出来たような気がした。

しかし、回教徒といえば昨今の中東情勢。昨年の東欧に次いで始まった大規模な戦闘が早く終わり、清澄静寂の月宵が彼の地に戻りますよう……。


京盆地西縁・嵐山上空に現れた、鮮やかな秋の夕焼け
京盆地西縁を染める夕焼け空も実に美麗。これも秋の気の所為か、いつもより赤味が鮮麗で、深い。そして、改めて西方彼方の両戦役収束を願う

posted by 藤氏 晴嵐 (Seiran Touji) at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 逍遥雑記

2023年10月07日

近山始秋

大文字山火床から見たススキ越しの京都市街

待望の……

いつまでも続くかに思われた猛暑の夏も、漸く一段落に。

30度超えの真夏日が先月9月末を最後に終り、熱帯夜や高湿の気も途絶えた。多分に漏れず、自身も連日の暑さで大変な思いをしていたので、まさに一安堵であった。

ただ、そのあまりの急変ぶりに、身心共に戸惑いもあった。とまれ、10月に入ると同時に、ここ京都市街にも秋が来た。とにかく、良かった。

写真は、大文字山火床から見た京都市街地北部(中央右の緑地は京都御苑、右奥の山は嵐山)。所謂「五山送り火」で焚かれる「大」字の頂部だが、折よくススキが風に揺れていた。

それら草花にとっても、待ちにまった秋到来か……。


大文字山火床の台石と眼下に広がる京都市街北部
同じく大文字山火床より。火で「大」字を表現する際に必要な焚火場「火床」の台石が見える。即ち、これらが大字の線上に並ぶ。しかしまだ夏が終ったばかりなので、ススキ以外、中腹や麓の森に秋の気配は見られない


大文字山山頂から見た、山科盆地や京都盆地に彼方の大阪中心部
こちらは火床の前に立ち寄った大文字山山頂から見た、山科盆地(左)や京都盆地(右)及び彼方の大阪方面。今日は用の前に少々身体を動かさんと思い、輪を書くようなルートで大文字山頂(標高465m)を往復した。まあ、暑さが去り、漸く近山に登れるようになった、ということもあった


大文字山山頂の立木に括られた温度計
山頂の立木に括られた温度計の表示は17度。暑くも寒くもない、野外活動には快適な陽気である。そのためか、山頂を初め、山中至る所で多くの人の姿があった。


大文字山山頂から見えた大阪中心部の高層ビル群
ただ、先月末から天候が安定せず、今日も雲が多かった。しかし、光線の関係か、こういう条件の方が意外と展望がきく。中央奥に浮かぶのは、ここから約45km離れた大阪中心部の高層ビル群である

posted by 藤氏 晴嵐 (Seiran Touji) at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 山会