2024年05月20日

道東周忌行(其四)

大雪山越えの東部拠点たる白滝付近から見えた雪を戴く天狗岳

道東からの帰路

道東周忌行最終日。

今日は朝から移動で、帰京するだけである。また長時間の移動となるが、海外並みの遠さなので仕方なし。先ずは陸路で札幌を目指す。


上掲写真 大雪山越えの東部拠点たる白滝付近から見えた雪を戴く天狗岳(標高1553m)。去年より10日強早い姿だが、その時より雪が少なそうである。義父さんが言っていたように、今年は暖冬だったからか。


比布パーキングエリアから見た冠雪する5月末の大雪山主要部
やがて大雪山を越えて西麓の旭川付近に下る。所謂「道央」地区である。これは山麓から見た大雪山主要部。右端の鋭角峰が、主峰であり北海道最高峰である旭岳(標高2290m)。こちらも、去年より雪が少ないか


空港バス車内よりみた、予報に反し雨のない関空構内
空港バス車内よりみた、予報に反し雨のない関空構内

最後の周忌、お許しを

そして、札幌から空港に移動し、また飛行機に乗り関空に帰着。本来近畿は雨予報であったが、急に変ったらしく、悪くない天気であった。

しかし、その後、約3時間の陸路移動のあとの帰宅直前に雨に降られた。まあ、ギリギリ間に合ったともいえる。

とにかく、早めに実施した周忌行はこうして終った。まだ一周忌だが、親族の高齢化等のため、これが最後となるらしい。

これも、本来は皆が集い、祭祀がある時に行きたかったが、仕方なし。義母さん、どうかお許しを……。

posted by 藤氏 晴嵐 (Seiran Touji) at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 紀行