2017年08月16日

暑夜送火

京都市街東部の神楽岡から見た、点火後、全火床の炎に勢いが出始めた、京都・五山送り火「大文字」

今年も、はや送り火に

13日に盆入りし、そして早くもその終りに。

何やら自分としても、またお精霊(しょらい)さんにとっても忙しい気がして、やはり六道参りのように7日頃の盆入りが落ち着く気がする。

とまれ、今年の盆もまた過ぎ去ろうとしていた。夕方出かけていたが、何とか19時後半に帰着して近所で送り火をみる。今年は伯父が他界したので、その分も含めてであった。


上掲写真: ご存じ大文字山の「五山送り火」。20時丁度に点火され全火床の炎に勢いが出始めた頃のもの。正に暗闇に浮かぶ大いなる「大」。


京都市街東部の神楽岡から見た、炎に勢いが出、火床周囲の多くの人影も確認できる、京都・五山送り火「大文字」
大文字山の送り火拡大。写真では判り辛いが火床周囲に多くの人がいる


京都市街東部の神楽岡から見た、炎が盛りとなり大いに煙も生じる、京都・五山送り火「大文字」
炎の最盛期に少し露出を上げれば盛大に生じる煙の姿も


京都市街東部の神楽岡付近から見た、五山送り火「妙法」の「法」字
少し移動して洛北の「法」字をみる。大字より遅れて点火されるのでまだ明瞭であった。組の「妙」字を含む他の送り火はこの付近からは見えない

近くの家から出てきた友人と帰路少し話して帰宅する。いつもなら盆と共に夏の終りも感じさせられるのだが、今回は暑さの為そうはならなかった。

まあ、何でも一度に終ると寂しくもあるので、これも悪くはないか。しかし、個人的には暑さの方を先にしてもらいたかった。無理な願いとはいえ、それくらい暑い日が続いていて、少々疲れ気味となっている。

冷涼の日が続いているという東日本の人からすると、信じ難いかもしれないが……。

posted by 藤氏 晴嵐 (Seiran Touji) at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 逍遥雑記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180710644
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック