2017年11月28日

盛期紅葉下

永観堂の美麗な紅黄葉

紅葉盛りて往来多し

紅葉の盛りとなった京都市街。

折角なので、昨日に続き、午後の外出を利用して近所の様子を少々紹介……。

今日の場所は今や昼夜の紅葉名所として日本中、そして世界にも知られ始めた永観堂(えいかんどう)。

昨日の疎水分線と同じく、京都市街東郊山麓にある寺院である。「南禅寺の北隣」と言えば解り易いであろうか。昔から有名な場所ではあったが、近年その人気が過熱しており、特に夜間のライトアップ参観が著しい。

南禅寺から続く門前の道、「鹿ケ谷通(ししがたに・どおり)」などは、その暗さ・寒さにも拘わらず、驚くほどの人数の往来がみられた。


上掲写真: 永観堂の美麗な黄葉。


紅葉客で混む永観堂門前
内外の参観者で賑わう永観堂門前。しっかり門外に美麗の楓(カエデ)が用意されているのも呼び水に……


紅葉客で混む永観堂境内
永観堂境内の紅葉。眩いくらいに赤々としている。よく見れば実に不可思議な光景。正に自然の妙か……


永観堂の美麗な紅黄葉
同じく永観堂境内の紅黄葉。黄と赤の一双が良い。個人的にはこれくらいの量で十分である


終盤となった賀茂川や糺の森の紅葉

盛りのあとの年末近し

永観堂のあと、街場側の西へ下った賀茂河畔で少し休んだが、樹種の所為か、そこの紅葉は既に終盤の様相であった。

写真は荒神橋上手より北側、即ち上流を見たもの。最奥の山岳は京都盆地北縁の「北山(きたやま。丹波高地)」、手前の森は下鴨神社の「糺の森(ただすのもり)」である。

とまれ社寺の紅葉によりどこも人が多いが、それもここ暫くの間まで。やがて一段の寒気到来と共に仕舞いとなり、街は一気に年末風情に包まれるのであろう。

posted by 藤氏 晴嵐 (Seiran Touji) at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 逍遥雑記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181881095
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック