2017年12月28日

年終所感

床の間の正月飾りの鏡餅や重箱・漆器・花

歳末催事終われども……

本日行われた山会・平会・湖会等々の年終会(忘年会)は、食事班が仕事で予想以上に遅れるという事態となったが、何とか終えることが出来た。

有難くも、多くの手間をかけて用意してもらった料理も美味しく頂け、一先ずは喜ばしい限り――。

しかし、今年はいつもより締まりあるものというか、諸々の会に相応しい集いとすることを目指したが、結果的に叶わなくなった。事前にその旨を伝えていたのだが、いつでもどこでも出来る、ただのおしゃべりが大半を占め、肝心の話、建設的な話が殆ど出来なくなったのである。

これでは、わざわざうちで主催する意味がなく、また別に集まったり、話したりするような二度手間が生じることともなった。

実は、忘年会に限らず、その傾向は以前からあり、一部の参加者の無配慮により場が荒れ、それに怒った別の参加者が以後の参加を拒否する事態とも化していた。

そんなこともあり、事前に警告したのであるが、結局、人の話を遮ってまで内容のない話が重ねられることとなった。決して取り留めの無い話や仕事の愚痴を禁止したい訳ではないが、その為の一席一会ではない。

まさか、警告に記した「趣旨を弁えるように」との一文が読めなかったのか。皆、高機能携帯を使っている昨今では、その言い訳はもはや昔のことで、通用しまい。

お互いいい歳なので、もう少し配慮をして欲しい。こう書かれて気分が悪くなる人もいるかもしれないが、こちらは既に何度も面子を潰され、気分を害していることを認識して欲しいと思う。溜まったストレスや場に関係ない自説の類は、自分が主催する場で存分に発散してもらいたい。

以前から、私や他の為にならないので、無配慮の者とは関係を切るようにとの忠告を何度も受けていたのであるが、穏便に済ます為、また長年の誼(よしみ)を護る為に敢えて不問にしていたということもあった。

しかし、こう裏目に出てばかりでは、さすがに最早これまで、である。

これまでの多くの類例・経緯もあり、正直大変憤りを感じている。前回の平会でも記したが、来る新年からは、最低限の配慮や、反省・謝罪の出来ない人々に対しては相応の態度で臨むつもりである。

以上、年終会所感並びに今後の人事について……。

恐々謹言


上掲写真: 翌日以降の忙しい最中に用意した新年飾り。簡易・独自的なものではあるが……。

posted by 藤氏 晴嵐 (Seiran Touji) at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 催事(本人)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182093385
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック