2018年03月28日

俄然開桜

IMGP6131s.JPG

開花翌日に早くも満開風情に

このサイトでも3月半ばまで雪の記事が多かったが、それだけ今期の冬は寒さが印象的であった。

しかし、3月半ばから一転して平年より温暖な日が多くなった。そして、今月22日には平年より6日早い、京都市内での桜の開花宣言が出た。去年より9日も早い開花だという。今年は蝋梅すらかなり遅れて満開となり、梅も同様に最近慌てて咲いた観があったので、実に意外の展開である。

ただ、拙宅がある市街東辺の山際では一昨日までは大半の樹が蕾のままであった。ところが、昨日突然一斉に咲きだし、今日などはいきなりの満開風情となったのである。花が咲き、春が来るのはめでたいが、これではあまりに急な気がしないでもない。

個人的には、もう少し冬の余韻に浸りたかったのであるが、まあ致し方ないか……。


上掲写真: 朝からの快晴に満身の花で応える「哲学の道」の桜(京都市左京区)。東山に近いここは朝逆光となるので、あまり美麗には写らないが……。しかし、僅か2日でここまで咲くとは、少々驚きの事態であった。


IMGP6128s.JPG
急に桜が満開風情と化した哲学の道。朝日の逆光、ご諒解を


IMGP6136s.JPG
同じく哲学の道。先日までの冬枯れの様が、突如楽園化したか。遅れていた雪柳(右下の白い花)も一気に開花


IMGP6139s.JPG
こちらは哲学の道沿いにある大豊神社(おおとよじんじゃ)前の桜。一昨日はこれのみ咲いていた。ソメイかと思ったが、ひょっとして別種なのか……

そして夕方ニュースで知ったが、やはり京都市内に今日満開宣言が出たとのこと。とまれ、花見・遊山等の参考までに……。

posted by 藤氏 晴嵐 (Seiran Touji) at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 逍遥雑記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182847094
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック