2018年04月21日

近山新緑

志賀越古道の脇の古い道標

ちょいと近場の新緑観賞へ

今朝は菜園の香菜受け渡しの為の来客があり、その後、滋賀からの友人が到着し、近隣を案内することとなった。

向かったのは、瓜生山(うりうやま)。京都市街東郊に連なる「東山連峰」の一山である。大文字山とは志賀越の古道、白川の谷を隔てた北隣の関係で、標高も低く(301m)、気軽に登れる場所であった。

今日は、そんな瓜生山で今が盛りの新緑観賞をすることとなった。午後からは、また別の誘いがあったので、本来は独りでさっと行くつもりであったが、友人の誘いもあり、同行することとなったのである。


上掲写真: 今も京と志賀(滋賀)を結ぶ志賀越古道の脇にあった古い道標。左は「見真大師御旧跡」、右は「勝軍地蔵尊」とある。見真大師とは真宗開祖・親鸞のことで、その縁の寺である一乗寺集落の「北山別院」を指すものとみられる。勝軍地蔵とは瓜生山山頂にかつて安置されていた地蔵を指す。即ち、瓜生山へと続く支道への案内。


新緑眩しい瓜生山の南登山口(清沢口)
今は病院の擁壁横となったが、瓜生山の南登山口(清沢口)。新緑が目に眩しい

先に法然院裏の大木ある自然林や哲学の道等を見学して、瓜生山に入る。登山道は、一般的な南側の病院横から入る清沢口(きよさわぐち)のルートで、長駆すれば比叡山まで達することが出来る主路的なものであった。

先ずは出迎えた新緑が目に眩しいばかり。


案内板に茶山と記された瓜生山山中の平坦地
案内板に茶山であると記された瓜生山山中の小頂部平坦地

駅名でお馴染みの「茶山」由来地?

谷道を進み、その後尾根道を辿る。尾根の頂部には平坦地が幾つも続き、道はその横下に続く。

瓜生山は戦国期に足利将軍縁の城塞と化していたこともあった為、各所にその遺構が残存している。この平坦地も恐らくは防御用の郭とみられる。

写真は、やがて達した小さな頂(いただき)上の平坦地。標高は200m弱で、ここの平坦も人為が窺われるものであった。傍らの案内板には「茶山」との説明が。17世紀初頭の慶長の頃、かの豪商茶屋四郎次郎がここに別荘を構えたことがその名の由来となった、とも記されていた。

麓に同名の私鉄駅があるため、地元には馴染み深い名称であるが、更に下方にある造形大背後の頂をそれとする説もある。


名石「白川石」の破片
名石「白川石」の破片

茶山の頂を過ぎて尾根道を外れ、谷道側へと横移動する。石切場跡や隠者白幽子(はくゆうし)・白隠禅師の旧跡を見学したのである。

瓜生山は古来名高い「白川石」の産地でもあった。和様の建築や庭園に重用される花崗岩由来の石材である。現在では採掘されていないが、山中には多くの石切場跡があり、また加工された石材・残骸等も多く見られる。


瓜生山山頂付近から見た比叡山
瓜生山山頂付近から見た比叡山

山頂には着いたが……

そして、ほどなく山頂に着いたが、どうしたことか撮った筈の写真がなくなっている。仕方ないので、代わりに山頂付近からの眺めを紹介したい。

写真は樹々の合間に聳える、お馴染み比叡山。京都市街からは見え難い、頂が2つある様が良く解る。右は四明岳(しめいがたけ)、左は大比叡の名があるが、高さは後者が前者より10m高い、848mとなっている。

因みに、瓜生山山頂も城の本丸跡とされる平坦地となっており、周囲にも多くの郭跡が残っている。


IMGP6376.jpg
そして、こちらは南方、大文字山(465m)。木立で見難いが……


曼殊院近くの薬草園内に通じる下山路
曼殊院近くの薬草園内に通じる下山路

崩落箇所経るマイナー路で下山

山頂からは北上して一乗寺・修学院方面に下るマイナールートを採った。自身も初めての道で、近年あまり使われていない感じがするルートであったが、地形図を頼りに進んだ。

途中、崩落箇所があり、山に慣れない友人が恐れたが、然程険しい場所でもなかったので、難なく通過。そして、無事曼殊院近くの薬草園傍に下山出来た。


一乗寺集落外れの山裾の道からみた、長閑な田園景
一乗寺集落外れの山裾の道からみた、長閑な田園景


一乗寺集落から見上げた瓜生山と茶山
一乗寺集落から見上げた瓜生山(中央奥)と茶山(右側尾根)

瓜生山尽くしの一日過ごす

山中で受けた電話により、午後の予定が夕方に変更となったため、下山後も友人とゆっくり休息をとることが出来た。その後、一乗寺にある学生時代の思い出の銭湯に寄って帰るという友人と別れ、一旦帰宅した。

夕方からの用も、また山麓一乗寺にある別の友人宅におけるものであった。そこにてまた新たに知り合った人らと遅くまで語り合ったのである。

今日は正に一日瓜生山尽くしであった(朝来た友人も山麓に縁あり)。近場ながら有意義な一日を過ごせた。皆さん、お疲れ様でした、有難う!

しかし、カメラの記憶カードに更新の必要が生じたのは少々痛い(笑)。

posted by 藤氏 晴嵐 (Seiran Touji) at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 山会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183097411
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック