2008年08月28日

気概好日

来田猛・白子勝之の写真と漆の作品展「線という形 闇という色」が開かれた京都円山公園南隣にある西行庵内の古い茅葺茶室「皆如庵」

「線という形 闇という色」展

夕刻、家での仕事を一区切りつけ、予て招待されていた友人の展覧会に出掛けた。

友人は写真家の来田猛(ころだ・たける)君。今日28日と明日29日の2日間、漆芸家の白子勝之氏と共に「線という形 闇という色」というコラボレート展を開催したのである。場所は東山区円山公園南隣にある西行庵。その建屋に内包されている「皆如庵」という古い茶室にて行われた。


線と漆黒で数百年の伝統に対峙

通常の白箱式ギャラリーとは異なり、内装そのもの、建屋全てが強い存在感を持つ茶室。そのような「圧力」に満ちた空間に、果敢に挑んだ2人の力作があった。

彼らがその圧力に抗する為に用いた手段は、茶室のそれを上回る簡素さや重み。即ち、自然さを保ちながら同時に力も有した「線」と、同じく何物をも凌ぐ深い重みを有した黒漆の「闇」であった。それは恰も、「線という剣」、「漆黒という盾」を以て数百年の伝統文化に対峙した趣さえ感じられたのである。

いや、中々いいものを見せてもらった。予報により天候不順も想定されたが、それが覆ったのも、気概あるこの展示のお蔭かと思われるほどであった。もはや29日、1日しかないが、是非皆さんにもお勧めしたい。


上掲写真 西行庵東角にある「皆如庵」入口。かの戦国武将、宇喜多秀家の息女が輿入れの際に持参したものを移築改修したとの伝承をもつ。普段公開されていない、この茶室を見るだけでも価値がある。


来田猛・白子勝之の写真と漆の作品展「線という形 闇という色」が開かれている西行庵とその茶室「皆如庵」の夜景(京都市東山区)
西行庵夜景。左側の障子部屋が「皆如庵」

電灯のあかりで見る作品も、また自然光とは違う趣があっていい。来田君の勧めもあり、日没までの1時間程居て、光の具合や周辺雰囲気の変化を楽しんだのである。

posted by 藤氏 晴嵐 (Seiran Touji) at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 催事(友人其他)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/18501024
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック