2019年03月09日

山池残氷

滋賀県西部の比良山脈・小女郎ヶ池付近の雪原

今週末もまた……

性懲りもなく、また雪景色の画像。

先週で今季の雪山鍛錬は終りと記したが、可能な限り装備や行動の実地試験が行いたかった。よって、本日も時間が少しとれた午後から決行した。

場所は、滋賀県西部の比良山脈。標高1000mを超す峰々が連なり、積雪も多い山域として知られる場所。一応、京都市街東部のうちからも大原経由で車行1時間前後で取りつける最寄りの山でもあった。


上掲写真 比良山脈南部の雪原。一応温暖な近畿の「低山」とされる山域だが雪は有った。点々と横切るのは獣の足跡。彼らにも待ち遠しいかと思われる雪解けまでは、今暫くの時が必要か……。


昨日の降雪残る、滋賀県比良山脈南西麓・平集落からの谷道
昨日の降雪残る比良西麓・平集落からの谷道

午前は諸々あり、また出ようとした時、馴染みの宅配のおっちゃんと話しこんでしまったので、なおさら出発が遅くなった。結果、14時過ぎから登ることに。

山で遅出は禁忌だが、良く知った場所で、天候調査や装備に不備はないため、行ける所まで行くこととした。

その道程は、山脈西部山裏の平(だいら。本来の読みは「たいら」)集落から同南端部稜線に出て、状況と時間を見て引き返すというもの。

実は今朝京都市街でも0度前後の気温となったので、凍結等の危険を考えると大幅に気温が上る午後の方が好都合であった(注意:厳冬期では逆に雪崩の危険がある悪条件)。

実際、登り始め早々、最近の降雪の残存も見られた。


少々雪残る滋賀県比良山脈南端部・アラキ峠
標高約470mの出発地から登坂20分、足下の残雪に少々足を取られつつ主稜線直下のアラキ峠(標高約760m)に到着。意外と雪は少なかった。一度完全溶解したあと、新たに積った風情である


滋賀県比良山脈南部のアラキ峠と権現山を結ぶ急登の植林尾根道
アラキ峠と権現山を結ぶ急登の植林道

アラキ峠でチェーンスパイクを付け、主稜線に至る権現山への急登を進む。尾根道ながら泥濘が多く、次いで雪道が現れる足下の悪い区間。


滋賀県比良山脈南端部・権現山近くの倒木の雪原
急登が終ると今度は倒木の雪原が現れた。昨年の台風被害か。左右に大きく迂回しつつ進む


雪解けした滋賀県比良山脈南部の権現山山頂と眼下の琵琶湖
そして権現山着。標高約996m、以降、北へ約20kmの区間に標高1000m前後の峰々が続く主稜線の始まりである。写真は権現山山頂。雪解け直後の泥濘地面。眼下に琵琶湖が見え始めた


滋賀県比良山脈南部の権現山北方から見たホッケ山と蓬莱山
権現山北方、即ち稜線縦走路方面には更に高いホッケ山(1050m。右手前)や蓬莱山(1173m。左奥)が見え始めた


滋賀県比良山脈南部の権現山眼下の琵琶湖
権現山眼下の琵琶湖。左側の広い北湖と右側の狭い南湖が見える


滋賀県比良山脈南部の権現山北方の残雪
権現山からは縦走路を北上する。一旦標高を数十m下げたあと、再び高度を上げる。稜線上の小頂北側等には深い残雪も現れた


南方直下から見た滋賀県比良山脈南部のホッケ山山頂と残雪及び雪庇
やがて頂部に標識が立つホッケ山が迫る。その東斜面には多量の雪と未だ恐ろしい規模の雪庇が残っていた。知ってか知らずか、雪庇際をスノーシュー(雪上歩行具)で歩いた跡があったが、慎むべき。上部から雪庇は見えないので、他の登山者が追従する恐れもある


滋賀県比良山脈南部のホッケ山から見た蓬莱山
そしてホッケ山着。北隣の蓬莱山(右側のなだらかな頂)がより近くなった。スキー場があるその山頂付近ではスキーヤーの姿も確認。しかし、スキー場裏のこちら面にはあまり雪がない


滋賀県比良山脈南部のホッケ山から見た広々とした琵琶湖
ホッケ山山上からは琵琶湖の北湖側が更に広く、そして青々と見渡せた


滋賀県比良山脈南部の権現山から見た大原盆地や京盆地方面
ホッケ山から南を見ると、手前に先ほど登り過ぎた権現山、その彼方に大原盆地や更には京盆地方面が見えた


滋賀県比良山脈南部山上からみた、雪が戻った京都・雲取北峰と彼方の笠形山(兵庫中部)
そしてホッケ山南西には、先週までのお馴染み、雲取北峰(標高915m?)が見えた。奥の稜線中央に在るが、頂部に雪が見えるので、昨日の降雪で復活したのであろうか。因みに、右側更に遠方に霞んで見えるのは兵庫中部にある「播磨富士」、笠形山(939m)とみられる


滋賀県比良山脈南部にある、雪残る小女郎峠(中央の鞍部)と小女郎ヶ池
稜線とその縦走路に食い込む天険小女郎(こじょろ)峠(中央鞍部)と左奥の小女郎ヶ池

ホッケ山を過ぎ、更に稜線を上昇すると、やがて小女郎峠(約1070m)が眼下に現れた。峠向こうの稜線上手は標高1100mを超える


残雪に閉ざされる、滋賀県比良山脈南部山上の小女郎ヶ池
小女郎峠から天上の広谷を西へ逸れ、小女郎ヶ池に至る。小さく浅い池ながら、氷河期に起源をもち、更に滋賀県最高所の池沼という稀少性を有す。また、その名に感じられる通り、神話的伝説も有す神秘の水面であった。しかし、意外にもその姿は周囲の山地共々、未だ氷雪に閉ざされていた


滋賀県比良山脈南部山上にある小女郎ヶ池北側の融解池面
ただ、小女郎ヶ池北側には写真の如く、氷雪の解け始めらしき水面も

人気山域の意外の閑散
充実の鍛錬と試験終える


途中設定した今日の折り返し点は、ここ小女郎ヶ池だった為これ以上の北上を止め、休息兼遅い昼食を摂った。ここまでの総行動時間は2時間弱。

今日は麓で14度程まで気温が上る予報だったので、山上でも十分プラスの気温だったと思うが、池畔は氷雪で囲まれている所為かかなり寒く感じられた。そして誰もいない。もう四半世紀前ものことか、初めてここに辿り着いた時も独りきりで、独特の雰囲気に感じ入ったことを思い出した。

思えば、今日は途中1人しか人と遭遇しなかった。時間が遅いとはいえ、週末で好天、一応比良登山の銀座的ルートでもあったが、少々不可思議に思う。実は、人が多い比良へ来ることはあまり乗り気ではなく、雪のために来たようなものであったが、これも意外の出来事となった。

そして小女郎ヶ池を出て、元来た道をひたに戻る。途中チェーンスパイクが切れ、雪上や泥濘の下降に難儀したが、往路の約半分の時間で無事下山出来た。

今日は移動距離約9km、最大高低差630m、所要時間3時間半程となった。短時間ではあるが、個人的には冬靴の防水具合やズボンやタイツの蒸気問題についての新たな資料も得られるなど、内容の濃いものとなった。

posted by 藤氏 晴嵐 (Seiran Touji) at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 山会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185694533
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック