2019年08月31日

2019芹生避暑泊

茅葺民家(屋根は金属板で隠蔽)と北山杉ある典型的な京都・北山風情を見せる芹生集落の一景

「台風の年」前年以来の京都北山泊

盛夏の象徴的期間である8月も今日で終り。

諸般の都合により遅れ馳せながら避暑に出かけた。とは言え、京都市街東部のうちから車輌で1時間もかからない近場の山里であった。

場所は、京都市街北部の芹生(せりょう・せりう)。京都盆地北縁に連なる北山山地(丹波高地)の標高600m超える山中にある高位集落であった。

盛夏でも驚くほど涼しいここでの避暑は、ここ数年恒例的であったが、去年は度重なる台風被害により叶わなかった。

よって今年は、その補填や限界集落であることへの細やかな支援、そして近場としての魅力や状況を知ってもらうために、人数を増やして訪れた。

色々あったものの、集落も人も、一先ず急場を凌げて何より。


上掲写真 観光客で混みあう貴船の背後山上に、茅葺民家(屋根は金属板で隠蔽)と北山杉ある典型的な京都・北山風情を見せる芹生集落の一景。


先日の雨で増水するもあくまでも清冽な、芹生を貫く灰屋川
先日の雨の所為か、芹生を貫く灰屋川の水量が大幅に増えていた。しかし、濁りはなく、あくまでも清冽であった。それでも、長年住む宿の人は濁っていると話していたが……


倒木被害の整理が進む、京都・芹生集落奥の「勢龍天満宮(せりょうてんまんぐう)」裏の山林
今年1月に冬山鍛錬で通過した際に、無数の倒木被害があった「勢龍天満宮(せりょうてんまんぐう)」裏の山林も整理が進んでおり、一安心


台風被害による屋根の損傷が放置される、京都・芹生集落の茅葺民家
ただ、なかには倒木による屋根の損傷が放置されている民家もあり、危惧するところもあった


冷たくて手足を浸けるのも憚られる、京都・芹生の灰屋川で泳ぐ友人
皆で集落を見学後、なんと、冷たくて手足を浸けるのも憚られる灰屋川で泳ぐ人が……。実はうちの同行者であった(笑)。海パンや水中メガネを持参してきたほどの準備の良さだったが、案の定身体が冷え過ぎてしまい、早めにお風呂を沸かしてもらうこととなった

里のもてなしと高地の涼楽しむ

さて、涼しい芹生での散策等を楽しみ、その後、薪沸かしの風呂や美味しい郷土料理を頂くこととなった。

そして、食後はまた皆で語らい、熱帯夜知らずの高地の涼を楽しんだのである。

posted by 藤氏 晴嵐 (Seiran Touji) at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 紀行
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186523959
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック