2019年09月30日

逃税慌買

2019年9月30日の消費税値上前のレシート

混み合うレジ
今日は特別廉売日か?


夕方、液晶画面で疲れた目の為に目薬を買いに近くの薬店に向かう。そこは、近年出来た大型店で、所謂「ドラッグストア」という場所であった。

知っての通り、このドラッグストアとは「薬(ドラッグ)」の名を掲げながら、化粧品や衛生用品のほか、様々な日用品や食品まで売る、コンビニエンスストア(長時営業万屋)やホームセンター(住居用品並び生活雑貨店)的存在である。

そんな、何でも屋的、かつ広い店内に入るが、何故か買物客で混んでいる。立地を誤った中途半端な存在の所為か、いつもは空いているので意外であった。偶々夕方の買物ピークと重なったかと思い、先に別所での用を済ませて戻ると、やはり混んでいる。いや、更に混雑が増幅され数台のレジには長い列さえ出来ていた。

諦めて後日出直すことも考えたが、目薬の欠乏を長く我慢していたこともあり、仕方なく並ぶ。ところが、人が多いだけでなく、一人当たりの購入数が異常に多く、先に進まない。その買い様は、カートに小物を積み上げ、更に巻紙等の大型品を籠や手持ちで提げる程であった。

今日は何か特別なセール(廉売)、店仕舞いの日なのか……。

キーワードは「マネー」「タックスマン」

漸く回ってきた精算の際、店員に訊くと、消費税値上前の買いだめとのこと。なるほど、今日で9月は終り、明日の10月から新税率が適用されるのであった。道理で、朝からピンクフロイドのマネーやビートルズのタックスマンがラジオでよくかかっていた訳である(笑)。

勿論、増税については報道等で知ってはいたが、高価な贅沢品を買う予定も余裕なかったので、特に気にしていなかった。そういえば、近くのスーパーも何時もより混んでいる様が店外からさえ窺われた。

昨日までどこも空いていたのに、どうしてこんな直前になって買いだめするのであろう。正に「駆け込み」の右往左往である。たかが2%、されど2%の増税であるが、皆買っているものは衛生用品や日用雑貨類で、普段から特売の可能性があるものばかりである。

また、前回の増税時やエゴポイント(もといエコポイント。笑)みたいに、増税後またはポイント終了後の方が逆に物価が下がったという逆接的教訓を忘れたのであろうか。何かの還元を狙ってカード払いの人間が目立ったが、それなら、増税後のキャッシュレス還元の方が大きい筈である。

そんな強い疑問がレジで瞬時に噴出し、思わず口を衝いて出たのが、「ケチ臭い」の一言であった。

随分傲慢な物言いのように感じられるかもしれないが、2%の増税が最も身に堪える零細無援の私が感じたことなので、少しは許してもらえよう。要は、自分の時間や労力を多大に投じ、また他人も巻き込んで本当に得となるのか、という素朴な疑問である。

今時カード還元を狙う器量があるなら、家に居ながら不用品をネットオークション等で処分する方が遥かに得するのではないか。また、ネット通販で最安値を探し、送料が免除になるくらい買いだめするのも効果絶大である。もし現代的システムを駆使する器量が無ければ、内職等の古典的手段を考えるのも、健全で建設的に感じられる。

たかが今日1日のみの騒動ではあったが、何やら将来を案じてしまう。この先日本人は大丈夫なのであろうか。決して増税に賛成している訳ではないが、それより別のことで暗い気にさせられた秋一日の仕舞いとなった。


上掲写真 消費税値上前の令和元年9月30日のレシート。198円の目薬を1個買うのに混雑に巻き込まれた際のものである。今回の記事は決してその憂さ晴らしではない。真剣に現代日本人の思考を憂いているのである。

posted by 藤氏 晴嵐 (Seiran Touji) at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 逍遥雑記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186674790
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック