2020年01月01日

令和二歳初

人出少ない、令和二年元旦午前の平安神宮「大極殿」と、そこへ向かう参拝者

令和二年元旦来る

平成31年及び令和元年も早過ぎ去り、令和2年の年明けとなった。

旧年の末は、本格的な寒さが感じられない日が続いていたが、元日の今日は良く冷えた朝となった。また、天気も曇りがちで、感覚的も真冬を思わせる、漸くの冬日となった。

折角なので朝から親族と初詣に出掛けたが、やはり寒い。空模様の所為で尚更それを感じる、少々初詣には合わぬ様子であった。その為か、初詣の人気施設・平安神宮(京都市街東部)の参拝者も一際少なく感じられた。

まあ、本来、京都人は大晦日から徹夜で飲み語らうので、午後からしか出てこないが、それにしても少ない人出であった。

因みに、漢語表題の「令和二歳初」の読みは、「れいわに、さいしょ」でも「れいわにさい、はじめ」でも、お好きな方で……。


上掲写真 平安神宮本殿前にある参拝施設「大極殿」と、そこへ向かう参拝者。本来なら、ここが人で犇めき、順番待ちが出来るのだが、今日は天候の所為か何の困難もない、正に拍子抜けの状況であった。


長蛇の列を成す大豊神社の参拝客
長蛇の列を成す大豊神社の参拝客

閑暇あれば盛況あり

意外の閑暇の平安神宮に比して、大いに盛況だったのが、同じく京都市街東部にある大豊神社であった。昼前に寄った時には既に参拝の長蛇の列が出来ており、初めて見るその様に大いに驚かさせた。

どうやら、干支の鼠に関わる社を持つため、テレビ等で知った人々が殺到しているようであった。中にはツアー団体が幾つも見え、正に全国から人を集めた観となっていた。

いつもは静かな社なので、色んな意味で賑わうのは喜ばしいが、結局我々地元民が初詣出来る状況ではなかった。


参道前の鳥居を越え、遥か疏水縁・哲学の道までのびる大豊神社参拝の列
参道前の鳥居を越え、遥か疏水縁・哲学の道までのびる大豊神社参拝の列

想定外の凄まじい状況に呆れつつ、大豊神社の参拝は諦め、一先ず帰宅。

その後はまた親族との合流予定があったので、年末出来なかった家事等をこなしつつ午後を過ごした。

末筆となったが、とまれ皆さん今年もどうぞ宜しく……。

posted by 藤氏 晴嵐 (Seiran Touji) at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 逍遥雑記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186996723
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック