2020年02月09日

叡岳雪記

音羽川河畔から見た、雪を纏い、雪に煙る比叡山

寒さ厳しい日曜に

先月末から冬の寒さが戻ったような日が続いていたが、それでも昼間の気温は二桁台に達した。ところが、この週末から更に気温が下がり、昼間も一桁台となる本格的な寒さとなった。

そして、今日9日も市街でも雪が舞う厳しい気候に。朝遅い時間でも気温は1度しかなく、雪が本降りになれば積りそうな状況であった。

今日はいつもの如く近場での雪山鍛錬に出る予定だったが、道の凍結を警戒して遅くに出発せざるを得なくなった。

場所は、前回同様、京盆地北縁の北山山地(丹波高地)・雲取山。かの貴船奥の山域である。ところが、京都市街岩倉まで順調に車行出来たが、貴船谷に入ると一変して雪が増え、やがて路上を覆い、貴船社にも達せぬ内に進めなくなった。

残念。折角良い鍛錬が期待できる状況だったのに、さすがにそこから歩いて山上を往復するのは遠かったため、やむなく撤収することにした。

更に残念だったのは、美しく珍しい貴船の雪景色を撮影出来なかったこと。積雪のため路肩に退避するのも憚られたためである。こちらも絶好の機会を逃した。

時折降る雪から逃れるように戻ったが、前夜から準備した赤飯握り等のことも考え、帰路寄れる近場の比叡山に登ることとした。

叡山の麓に着くと写真の如く、雪纏う姿が見られた。普段あまり雪の載らない山であるが、今も降り続く今日ばかりは少々期待出来そうであった。

というか、時間的にも今日はここで鍛錬する他なかったのである。


つづらの崖道が続く比叡山・雲母坂の入口部分

早速準備して登る。ルートや状況的にワカン(かんじき)は雪装備に加えず、アイゼンのみ保険的に加え、持参した。

ルートは京都側から登るのに一般的な雲母越(きららごえ)。市街東北の修学院から入山する道で、古来都と山上の延暦寺を結ぶ主路であった。

写真は、登り始めに現れた、つづらの道が続く崖。上部の古い石積の向こうへと道が続く。見ての通り、この辺りにはまだ雪はない。


雲母坂城址の郭跡に通された登山道と積雪
崖道を過ぎると雪が現れ始めた。本来、道は風化花崗岩質を薬研状に深く穿った場所「雲母坂」を通るが、何故か通行止めになっており、その脇上に誘導されるようになっていた。そこは薬研底に矢や礫を浴びせかけるための中世城塞の郭跡とされているが、その遺構面が傷むことを危惧した


比叡山雲母越の登山道と厚い積雪
更に高度を上げると、この通り、道は完全に雪に埋もれた。時折晴れ、時折吹雪くという天候が終始に続く


ケーブル比叡駅付近の積雪と冬景色
そして標高700m弱のケーブル比叡駅に達するとこの通り。積雪は20cm程か。ワカンは不要だが、足の負担が増す。気温は-6度程、以降も休息適地はないため、冬季閉鎖中のケーブル駅の軒を借りて昼食を済ませた


降雪のため一時的にその姿を蘇らせた旧比叡山人工スキー場のゲレンデ
降雪のため一時的にその姿を蘇らせた旧比叡山人工スキー場のゲレンデ

ケーブル駅からは基本林道歩きとなる。スキー場跡を過ぎ、二つある山頂のうちの一つで遊園地となっている四明岳(しめいがたけ)下やドライブウェイ駐車場等を、雪を踏みつつ進む。


雪に埋もれる叡山最高峰・大比叡山頂(標高848m)
周辺の樹々共々雪に埋もれる叡山の最高峰・大比叡山頂(標高848m)

油断禁物。人気ない山中に……

そして、山頂の三角点がある大比叡山頂に到着。その後は更に東に進み、延暦寺東塔(とうとう)方面に下る。

車道以外誰とも合わない静かな山歩きを満喫していたが、突如雪道を軽装で登ってきた若者と遭遇する。しかも2人連続。身形などから外国人らしかったが、マスクはしていなかった。当然こちらも想定外の為していない。

こんな時季に地元文化に接してくれる彼らに恨みはないが、例の肺炎騒動に対する政府の対応が甘いため、少々緊張を感じざるを得なかった。


雪化粧した比叡山延暦寺東塔の伽藍
雪化粧した比叡山延暦寺東塔の伽藍

つづらの急坂を東塔の伽藍面まで下ると、なんとまた別の外人が現れ道を尋ねられた。拙いながらも日本語で話す姿勢に感心しながら、その訛り、顔立ち等から大陸客と判じてとその言語で訊くと、韓国人だと返された。

しかし、彼が返した「han guo」という語は正に大陸人の言葉であり、複雑な気にさせられた。まあ、時勢柄、正直に明かして不利益を被ることを恐れたことは理解できるが、少々残念に思われた。

気を直して、延暦寺の西塔(さいとう)の存在や場所を教える。帰りのバスを心配しつつ礼を言い先を急ぐ彼とは、私も西塔に向かったため、すぐ再会することとなった。

西塔の主要地までまだ距離があるのかと訊かれて、近くだと答え共に向かおうとしたが、彼は雪が載る長い石段に怖気づき意欲を失ってしまった。

冬の山上を全く考慮しない装備では難しかろう。お勧めの場所を見てもらえなくて残念だが、致し方あるまい。


深い雪と静けさに包まれる比叡山延暦寺西塔・浄土院
深い雪と静けさに包まれる比叡山延暦寺西塔「浄土院」

西塔の深雪

そして、私独り石段を下って先ず浄土院を訪れた。宗祖・伝教大師を祀る山内で最も神聖な場所である。私はここに来たかったため、西塔まで足を伸ばした。

雪のない時期も極めて静かな場所だが、深いそれに閉ざされた今日は更にその静けさを増しているように感じられた。いつも通り堂奥から読経が聞こえる。未だ生けるものとして大師に使える番僧の声かと思われた。


雪に包まれる比叡山延暦寺西塔・常行堂
雪に包まれる比叡山延暦寺西塔・常行堂

浄土院の後は、「にない堂」の俗称で知られる常行堂や、西塔の本堂・釈迦堂(転法輪堂)を参拝してケーブル駅方面への帰路に就いた。


西塔とケーブル駅を結ぶ林道から見えた雪積る大原集落
西塔とケーブル駅を結ぶ林道から見えた雪積る大原集落


ケーブル叡山駅横の展望所から見た寒日の京都市街と夕陽
ケーブル叡山駅横の展望所から見た寒日の京都市街と夕陽

どうか無事で

意外に距離と高低差のある雪深い道を辿り、やがてケーブル駅に着いた。山上西半分を一周した形である。

しかし、ここからは叡山登山に於ける本番的山道を下らなければならない。欲張って山上を巡ったため既に時間は17時前になっていた。

まあ、日も長くなったので、暗くなるまでには下りられるであろう。

そして順調に下ったのであるが、中間点辺りで奇妙なことに遭遇した。なんと、こんな時間から雪の山道を妙齢の女子が独り登ってきたのである。

怪しい雰囲気はなかったが、黒っぽい街歩き風の出で立ちで、なんと肌が見える切り込みのあるズボンを履くという軽装ぶりであった。

急の意外に驚き、挨拶を交わしただけで通り過ぎたが、直に日は暮れるし、山上は昼でも氷点を切っており、雪も深く腰を下ろして休む場所もない。また未だ天候も不順で、いつまた吹雪くか判らない状況であった。

一体何が目的で独り登ってきたのであろうか。謎は深まるばかりであった。せめて電灯の有無や目的を訊ねておくべきであったと後悔した。

実は、驚いたのは急に彼女が現れただけではなかった。それは、昔山上であった事件のことを、昼間ふと思い出していたからである。

故に大変心配にもなった。もし事情を知る人や本人がこの記事を読んでいたら、どうか、その後の無事を知らせてもらいたいと思う。

さて、奇遇の人への心配を他所に私自身は暗くなるまでに無事下山することが出来た。今日は雪諸々に因り意外と身心に負荷を得た山行となった。

posted by 藤氏 晴嵐 (Seiran Touji) at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 山会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187179132
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック