2020年02月12日

雲取深雪

芹生の里道に佇む雪を戴くカーブミラー

今季最後の機会?

先日の日曜、寒気と降雪により待望の近隣雪山鍛錬が出来ると期待して貴船奥の雲取山に出掛けたが、雪が多すぎ麓に近づくことが出来なかった。

替わりに帰路寄った比叡山で実施したが、そこそこの雪歩きが行えたものの、根本雪が少ない場所のため雪山装備を用いた鍛錬は叶わなかった。

ただ、今ならまだ雲取山にも多くの雪が残り訓練には最適である。予報では明日から気温が上り雨も降る。今年の暖冬傾向から、恐らく今日が最後の機会とみられた為、急遽予定を調整して出かけることにした。

本来は昨日が天候・積雪量共に最適であったが、都合により致し方ない。


上掲写真 貴船奥の峠を越した場所にある高位集落「芹生(せりょう)」の里道に佇む、雪を戴くカーブミラー。


周囲を雪に覆われる芹生峠と北山の青空
周囲を雪に覆われる芹生峠(標高約700m)と北山の青空

いつも通り、山際の貴船の料理街と神社を経て芹生峠に達する。道中少々雪が残っていたが、日曜と比すべくものではなく、なんとかその手前まで車行が叶った。

しかし、ここから先は積雪があり危険なため、徒歩にて雲取山を目指すことに。後方から女史が運転する1台の大型スクーターが現れたが、暫く躊躇したあと、そのまま先へ進んでしまった。

恐らくは私同様、非冬用タイヤと見えたので、少々心配に思った。


雪が載って危険な芹生峠北側の道
そう、芹生峠は裏は実にこんな感じだったのである。ノーマルタイヤにとっては、もはやスケートリンク、歩くことすら危ない(笑)


雪に埋もれる芹生集落
雪に埋もれる芹生集落。轍からすると、先の女史は何とかこの先を下っていたったようであった


積雪多い大堰川(桂川)水系・灰屋川上流の三ノ谷分岐
積雪多い大堰川(桂川)水系・灰屋川上流で、雲取山麓の三ノ谷分岐

芹生峠から雪の車道・林道を延々3km歩いて三ノ谷分岐に到着。全く雪が無く、この手前まで楽に車行出来た時との違いを感じざるを得ない。

しかし、目論見通り雪は実に豊富であった。良い鍛錬となりそうである。


芹生三ノ谷雪上でのワカン装着
三ノ谷に入って間もなくワカンを装着。山頂下の石沢を過ぎるまで我慢するつもりであったが、雪質が新雪気味で、深く進み辛いため用意した


芹生三ノ谷から山頂下の支流谷に入る道を塞ぐ倒木とその上に載る深雪
三ノ谷から山頂下の支流谷に入る道を塞ぐ倒木とその上に載る深雪。樹上の積雪は30cm以上か。雪が無かった1月18日の同所と比べて欲しい


雪に埋もれた芹生三ノ谷の支流沢ルート
雪に埋もれた支流谷のルート。ここから急登が始まるが雪が深く登り難い


雪に埋もれた芹生三ノ谷支流沢の炭焼窯遺構
石積でU字に造られた炭焼窯遺構も、雪に埋もれてこの通り


芹生三ノ谷支流沢に雪崩れる雪の急斜面
三ノ谷支流沢の急斜面では既に雪崩れたような跡も見られた。降雪が多く、かつ急だった所為か


雲取山山頂直下の急登雪原
雲取山山頂直下の急登雪原

山頂直下の最後の急登では更に歩行困難に。ピッケルの良い訓練場となったのに持参しなかったのは失敗であった。


雲取山山頂下の急斜面に生じた雪玉(スノーボール)
雲取山山頂下の急斜面に生じた雪玉(スノーボール)。大きい物で直径50cm程


雪深い京都・雲取山山頂

そして雲取山山頂(標高910m)着。そこは写真の通り見事に雪深かった。

ここにて荷を置き一旦小休止。無雪時には通過点に過ぎなくなる場所だが、雪の状態により体力や時間が大きく奪われることを再認識した。

これも、重要な鍛錬である。


雲取山山頂北から見た雲取山北峰の雪景色
雲取山山頂北から見た雲取山北峰(標高約915m)もこの通り完全な雪山景


積雪が多い雲取山山頂北でワカン履きながら深く雪に沈む足
積雪が最も多い雲取山山頂北ではワカン履きでもこんなに深く足が沈む


深く雪載る雲取山北峰の山頂から見た京都北山や比良山脈の冬景色

小休止後、雲取山山頂から更に雪深い稜線を進み、雲取山北峰に達した。頂の様子は写真の通り。漸く本来の冬の北山と再会出来た気分となった。


深い積雪を想わせる滋賀県西部比良山脈の最高峰・武奈ヶ岳
滋賀県西部に連なる比良山脈の最高峰・武奈ヶ岳(1214m)。ここなぞは更に雪深いか……

有難い近場鍛錬
再度叶うや否や


いつも通り雲取山北峰で昼食休息をとり、その後、芹生峠までの約5kmの雪道を戻った。

ピッケルを忘れたのは残念だったが、今日は狙い通りの鍛錬が出来て良かった。身体・時間負荷は大きいものとなったが、やはり近場で鍛錬出来ることは有難い限りである。

さて、今季はまた同様が叶うや否や……。

posted by 藤氏 晴嵐 (Seiran Touji) at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 山会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187181496
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック