2020年02月15日

雲取融雪

溶け残る雪に印されたワカン(かんじき)歩行の跡(京都・雲取山山中)

またも気温上昇
先日の深雪如何?


待望の寒波到来と降雪により、先日水曜に急遽貴船奥は雲取山で行った近隣雪山鍛錬。

目論見通り良い訓練となったが、その後また気温が上り、なんと昨日は京都市街で20度を超す高温となった。夜も10度弱程までしか下がらず、また雪の存続が危ぶまれることとなった。

実は、先の寒波を受け、明日知人と滋賀県西部の比良山脈辺りに雪山登山する予定であった。しかし、高温と全日降雨の予報により中止となった。

よって、その代替として、また近山の雪の具合を視察せんと、今日また個人で雲取山へ行くこととした。今回は予め雪が少ないことを承知の上で行う、気候と雪山の関係を知る学習・鍛錬ともしたのである。


上掲写真 京都北山・芹生(せりょう)の雲取山(標高911m)麓の林道に続く謎の残雪模様。その正体はまた後ほど……。


僅か3日で多くの雪が消えた2月半ばの芹生峠
いつもの如く京都市街東部の拙宅から車行数十分で辿り着いた芹生峠(標高約700m)。先日は雪が多く、この先は車行出来ない状態であったが、この通り。橋上等に残る若干の雪さえ気をつければ、夏同様に走行出来た


僅か3日で多くの雪が消えた2月半ばの芹生集落
芹生峠北向こうの芹生集落もこの通り雪が激減。その里道も難なく車行することが出来た


若干雪が残る芹生集落から雲取山方面へと続く林道
芹生奥の林道には雪が残っていたが、作業車等の轍により地面が露出していたため、慎重な運転をすれば通行限界点付近まで車行することが出来た


大堰川(桂川)水系の灰屋川源流部にある三ノ谷分岐の積雪
大堰川水系、即ち桂川上流の灰屋川源流部にある三ノ谷分岐の積雪。結構雪が有るように見えるが、溶けかけた薄いものである

適当な場所で下車し、徒歩で進む。すぐに雲取山山頂方面への入口となる三ノ谷分岐に到着。僅か3日前は芹生峠から雪道を延々3kmも歩いて辿り着いたので、改めてその違いを実感。


雲取山山頂下へと続く三ノ谷の支流沢の入口部分
雲取山山頂へと続く三ノ谷支流沢の入口。3日前は道を塞ぐ中央の倒木上には厚さ30cm以上の雪が載っていたが、今はこの通り。なお、最初の画像はこの分岐手前で見つけた、3日前の私のワカン(かんじき)跡である


僅か3日で雪が激減した雲取山山頂下に続く三ノ谷の支流沢
三ノ谷の支流沢に入り、その雪の無さに驚く。もはや如何なる雪上装備も不要であった


僅か3日で雪が激減した京都・雲取山山頂直下の急斜面
それでも高度を上げると少しは雪が残っているかと思ったが、頂上直下の急斜面ですらこの状態


僅か3日で大量の雪が消えた2月末の京都・雲取山山頂
そして頂上も驚きのこの景色。全く雪がなく、恰も晩秋か初春の風情であった。昨年等は平地で気温が上っても山上には多くの雪が残り逆に驚かされたものであるが、今季の温暖は格別なのか……


僅か3日で雪が激減した京都・雲取山の山頂北面

雪による身体への負担もないため、山頂で休息することもなく北へと進む。写真は、通常最も雪が多い雲取山山頂北面であるが、他のハイカーの足跡が地に着く程しか残っていなかった。


僅か3日で雪が消えた2月半ばの京都・雲取山北峰の山頂
雲取山山頂から北に進み、間もなく達した雲取山北峰(標高約915m)の頂もこの通り。雪で大きく膨張していた山頂が痩せたかのように感じられた


京都・雲取山北峰山頂から見た、僅か3日で雪山風情が失せた京都北山(丹波高地)や滋賀比良(中央奥)の山々
雲取山北峰山頂より見た京都北山(丹波高地)や滋賀比良山脈(中央奥)の眺め。先日、折角戻ったそれらの雪山風情もまた失せてしまった


京都・雲取山北峰山頂より見た、2月半ばにもかかわらず雪が激減し山上地面の露出も観察された比良山脈
雲取山北峰山頂より見た比良山脈。付近名立たる多雪地であるその最高峰・武奈ヶ岳(左奥。標高1214m)や蓬莱山(右奥。1174m)も雪が減り、山頂付近での消失すら確認出来た。明日あそこで予定していた山行は雨予報で中止したが、この状態なら元より雪山ハイクが出来ないので、結果的に良い気象時機となった


京都・雲取山北峰山頂から見た、2月半ばにもかかわらず雪が消えた鈴鹿山脈
同じく雲取山北峰頂より見た滋賀県東部に連なる鈴鹿山脈(奥)。ここも雪が多い場所で知られるが、見る限り冠雪している様子は窺えない

意外の融雪
また山や自然学ぶ


雲取山北峰山頂で昼食後、雲取山頂に戻り、山頂南に下る二ノ谷の道から帰還した。

しかし、ある程度予想していたが、これほど雪が無いとは思わなかった。あれほど有った雪は一体何処へ行ったのであろう。沢にもそれほどの増水は見られなかった。

雪が融けたのは、やはり、昨日の20度以上の気温が効いたのか。山上はそれほど上がらなかったとは思うが、夜も含めて気温が高めだったので、短期間でもこの様な状態になったのかもしれない。

また山の奥深さ、自然の不可思議を学び、山を後にしたのであった。

posted by 藤氏 晴嵐 (Seiran Touji) at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 山会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187185006
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック