2020年03月07日

雲取検雪

京都・雲取山山中の、大木下に下がる氷柱

3月初旬、近山の雪如何

性懲りもなくまた京都北山の雲取山(標高911m)へ鍛錬に出る。既に3月初旬も過ぎつつあるが、ここ最近の低温を当てにして雪を求めて訪れた。

ただ、雨となる条件が続き、多量の積雪は望むべくもなかった。せめて季節終了前に本格的な訓練のため北国の高地に行きたかったが、存知の通りのコロナ騒動。自粛せざるを得ない状況となっていた。

仕方なく、気分を切り替え、雪にはあまり期待せず、体力的訓練に重点を置くことにしていた。


上掲写真 京都・雲取山山中の大木下の氷柱。今朝は京都市街でも1度台の低温。標高1000m近い山中では氷点下を大きく下回ったとみられる。


日陰に僅かに雪のこる3月初旬の京都・芹生峠
車行にて先ずはお馴染み芹生峠(せりょうとうげ。標高約700m)へ。日陰の斜面に僅かに雪を見るだけで、やはり殆どその姿はなかった


雪が失せた3月初旬の京都市北部の芹生集落
芹生峠の北裏にある芹生集落もこの通り


僅かに雪残る、京都・雲取山麓の三ノ谷分岐
三ノ谷分岐

そして集落奥の林道を進み、雲取山麓の大堰川(桂川)水系・灰屋川上流の三ノ谷分岐に到着。路上に雪はなく、少々の泥濘以外、特に困難なく到達した。

今日は、三ノ谷の林道を進む、いつものルートとは異なり、ここから直接山に取りつく。


京都・雲取山南尾根の道なきルート
雲取山南尾根の道なきルート

雲取山南尾根道

三ノ谷分岐から道なき斜面を登る。そこは雲取山山頂から続く南尾根の末端に当たり、以前から気になっていたルートであった。

地形図では最初こそ急登があるが、その後比較的早くに尾根に乗り、緩やかな稜線を経て山頂に達する最短ルートであった。


境界木らしき雲取山南尾根上の大木
境界木らしき雲取山南尾根上の大木

木の根を掴み進む急登から始まり、一旦岩峰を下り、また急登をゆく。慣れない人や荒天時は下山に使わない方が良いルートかと思われた。

効率の良いルートに思われたが、意外に人跡に乏しく、新旧含め道跡は見られなかった。


3月初旬の京都・雲取山南尾根の残雪
そして雲取山南尾根の稜線に出る。少し雪が多くなってきたが、5cm程度の積雪が不連続にあるのみ


3月初旬の京都・雲取山南尾根の残雪に沈む足と山杖
このように一部雪の深い場所もあったが、極めて限定的であった


IMGP5126.jpg
やがて山頂着。雪は無いに等しい。南尾根の道程は、最初こそ急であったが、稜線以降はなだらかなため、労少なく到着した。初め楽で最後に急登となる三ノ谷ルートの真逆である。

ただ、藪と倒木が少々難儀であった。草木茂る春以降は通行出来ないかもしれない。


京都・雲取山山頂北裏の斜面に残る疎らな残雪
いつも付近で最も雪の多い雲取山山頂北裏の斜面にも積雪が見られたが、やはり薄く、疎らなものであった


京都・雲取山北峰山頂から眺めた3月初旬の雪のない北山や比良の山々
そして雲取山北の雲取山北峰(標高約915m)に到着。やはり雪は無し。足下の負荷がないため、あっという間に到達した気分である

そういえば、北峰下で珍しく他の登山者と出会った。単独・熟練者っぽいその人も、名残りの雪を愛でていたのであろうか


京都・雲取山北峰から見えた、残雪に白む、滋賀比良山脈の武奈ヶ岳
雲取山北峰山頂から見た(北方)、滋賀西部・比良山脈の主峰「武奈ヶ岳(ぶながたけ。標高1214m)」。そこそこ雪が見えたので、今日は向こうに行った方が良かったのか(後に大して雪が無かったことが判明)

このまま時季終了か
如何せむべき


いつもの如く北峰で昼食休憩後、雲取山山頂まで戻った。

途中、物足りないので、明治中期の「点の記」に記載された山頂北を通る芹生と花脊別所集落を結ぶ古道を探索。

しかし、山頂西北にある尾根のそこも倒木と藪が多く、道の痕跡を見つけることは出来なかった。よって、途中から三ノ谷支流谷に下降して三ノ谷ルートに合し、出発点の分岐まで戻った。

今日は行き帰りに探索等を混ざたので、そこそこの運動にはなったが、このまま本格的な雪山を得ぬままシーズンが終ってしまうのであろうか。

さて、如何はせむ……。

posted by 藤氏 晴嵐 (Seiran Touji) at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 山会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187288907
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック