2021年08月16日

盆火又縮

京都黒谷・金戒光明寺塔頭西雲院の蓮の花

蔓防最中の盆最終日

先ずは盂蘭盆会(うらぼんえ。お盆)期間に相応しい画像を――。

佛事にお馴染みの、また盛夏にお馴染みの蓮の花である。一眼レフなどの特別な機材ではなく、普段持ちの小型機にて撮影したが、近くに寄れたので案外綺麗に撮れた。

場所は自宅近くの黒谷(京都市街東部「岡崎」付近)にて。寺の境内参道に並べられた甕うちで丁寧に育てられたものを撮らせて頂いた。

思った通りのコロナ禍再拡大で遠出も叶わず(蔓延防止等重点措置適用中)、毎度近場の紹介ばかりで恐縮ではあるが……。


五山送り火の縮小開催準備中の当日夕方の大文字山火床

縮小でも有難い恒例行事

さて、盆期間とはいえ、今日16日はその最終日。

盆の最終日といえば、ここ京都市街では五山送り火の開催日。存知の通り、盆で帰還したお精霊(おしょうらい・おしょらい)さんをまた彼岸に送るため周囲の山腹に篝火(かがりび)を灯す信仰行事である。

ところが、この著名伝統行事も今年はコロナ禍の影響で縮小されることに。これは昨年と同様で、2年連続で異常事態が続くこととなった。

縮小の内容は、文字や絵を表現するために使われる多くの篝火を極端に減らし、それに関わる人も減らして感染防止を図るというものである。

具体的には、主体の「大」は中央と端部の6点のみを点火し、鳥居形は2点、その他は1点のみを点火するという形態で、これも昨年同様であった。

写真は、夕方「大」字の火床部分を遠望したもの。コロナ禍以前なら準備する大勢の人の姿が麓からも確認出来たが、今回は殆ど見えなかった。

それでも、開催してくれるだけ有難かった。他の多くの京都市民もそう思っているであろう。送り火がないと盆が終った気にならない、区切りがつかないからである。それほど、地域の暮しに溶け込んだ行事であった。

先日も報告した通り、ここのところ季節外れの秋雨停滞に因り荒天が続いている。見ての通り今日も微妙な天候だったが、幸い開催時間の20時台前後は降らないとの予報だったので確実な開催が見込まれた(過去土砂降りでも行われたことがあり、その実行力(点火力?)には定評あり)。


京都黒谷・金戒光明寺塔頭西雲院の百日紅の花
同じく黒谷の寺院内に咲く盛夏の代表的庭木花「百日紅(サルスベリ)」

特異な送り火観覧
世の平穏回復願う


本来はその点火の様を掲げたかったが、諸方からの要請通り観覧は断念し、親類宅のテレビ中継にて点火とその終焉を見守った。

仕方ないとはいえ、これもまた読者には申し訳ない限り(特に送り火に馴染みがなく、その様子を知りたい遠方の人)……。

さて、天候もまだ油断出来ないが、変異種拡大中のコロナ禍は更に危うく、予断を許さない状況にある。

一先ずは盆の終焉と共に、早期の平穏回復を願うばかりである。

posted by 藤氏 晴嵐 (Seiran Touji) at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 逍遥雑記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188950046
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック