2021年08月28日

漸受抗原

新型コロナウイルスワクチン接種券に貼られたファイザーワクチンのシール

コロナ緊急事態4回目

1年以上を経て収まるどころか、記録を塗り替えながら続くコロナ禍。ここ京都市街も感染急拡大で、先週20日から緊急事態宣言適用地となった。

昨年春の初宣言以来、実に4回目の緊急事態宣言。3回目が6月21日で解除された後、下位の「蔓延防止措置」が7月11日まで続き、その後同30日からまた措置が再発出され、そのまま今回の宣言が出される事態となった。

7月半ばの蔓防措置の間隙も各種自粛要請が続いた為、実質非常時が続き、あろうことか、その効なく過去最悪の感染拡大を見ることになった。

東京では5000人、身近な関西・大阪でも2000人を連日超えるなど、全国的動向となり、京都府も過去最高の500人超えが続いている……。

本当に、もういい加減にして欲しい――。

こんな嘆息は私のほか多くの人が発しているに違いない。こんな事態になったのも詰まるところ場当り的な公儀の施策が主因と言わざるを得ない。

特に、変異株の危険が早くから警告されるも、それを防げなかった責任は重い。せめて「笊」と言われる水際対策だけでも強化されていれば結果は変わっていた筈である。

他の大陸国家等とは異なり、比較的入境管理がし易い島嶼国家(しかも一応医療・科学「先進国」で「経済大国」)として情けない限りであろう。

あとは国内対策。都市封鎖という極端を採らなくても、「お願い」ばかりで事実上野放しの現状よりマシな「中間策」がもっと探れる筈である。

今後もこのまま、宣言や措置という名のお願いだけが続くのであれば、コロナ3年目突入は必至であり、更なる経済・人的損失に繋がるであろう。

ワクチン圧力強まる

さて、その様にまた緊迫し始めた情勢下、親類・周囲から抗原接種の問合せ・促しが多くなった。即ち、感染・重症化予防のワクチン接種である。

実は未だそれを済ませていなかった(とはいえ同様の人も相当多かろう)。接種券自体は既に7月初旬に得ていたが、「中途半端」な年齢と世に役立たぬ人種故、その機会から遠ざけられていた。

しかし、リスク群への接種が進んだ結果、いつしか重症化または死亡する高確率群入りしたため、周囲から身の安全が危惧され始めたのである。

それ故、周囲のため、自身のために、当初はもう暫く様子見するつもりであった接種を考えるようになった。しかし、政府の杜撰なワクチンばら撒きに因る供給停滞等の影響を受け、その予約も難しくなっていた。

自治体の集団接種は未定、日頃行く近所の医院でも9月中旬以降の予約再開という有様である。友人が大阪での集団接種を教えてくれたが、人の多い遠方に行くこと自体感染リスクがあり、また副反応のことも考え避けた。

そんな中、こんな身でも予約可能な新会場が京都駅前に開かれ、17日から接種可能という知らせを受けた。よって受付開始の10日朝に予約することにしたが、間違えて主催の京都府ではなく京都市のサイトで別枠を予約してしまい、気づいて電話し直すも幾らかけても繋がらずじまいとなった。後で知ったところ、850人分の予約が、何と開始4分で完了したという。

自分の錯誤もあるが、これぞ、正に「二重行政の弊害」か……。

というより、接種が始まり既に日を経て経験を得ているにもかかわらず、相変わらずの窓口分散や早い者勝ち等の野暮な手法に呆れるばかり。これでは、まるで昭和のコンサートチケット争奪戦ではないか。

一応市の予約は出来たが(但し日時未定!)、あまりの腹立ちに接種自体を諦めることに傾き始めた。恐らくこの状況では年内の接種完了は無理であろう。こうなりゃ開き直って感染防御を強化し、米国の如く公儀から「1万円出すので頼むから打って」と言われるまで待とうとさえ思った(笑)。

そもそも、公儀は「基本かかりつけ医での接種を」などと言うが、持病等で通院する人以外に対する「かかりつけ医」の定義も曖昧であった。偶に行く近隣医院をそう呼ぶべきか躊躇する人は多いと思われ、私もその一人である。また、病院の方もその線引きに困惑しているのではなかろうか。

実際かかりつけと思っていた医院に予約を渋られ、その後も面倒を強いられたという高齢の親類もいた。また馴染みの医院で接種が行われているとの情報も全く無く、私自身、諦め半分で直接訊いて漸く実施を知ったほどであった。その辺りが明解であれば皆もっと早く接種出来たに違いない。

急転直下

とまれ、今朝の出来事で腹を据えかね不接種抗戦に入ろうとした時、突如電話が鳴った。

それは、正に近所の馴染みの医院からで、「28日の接種が可能になったが如何」との連絡であった。実は盆前に別件で診察を受けた際、接種について訊いていたのである。ただ、前記の通り、実施日時が選べない9月中旬以降との回答を得ていたが、それでも一応頼んでおいたのであった。

何事も試みておくべきものである。勿論、実施日が週末で、諸事都合も良かったため、承諾を即答した。

こうして、急転直下、最早諦めていたワクチン接種の予約が突如叶うこととなった。ただ、最後に一つ問題があった。

それは接種のリスク、即ち世にいう「副反応」のことであった。今のところ日本ではファイザー社製とモデルナ社製の2種のコロンワクチンが使われていたが、どうやら今回は前者が当たりそうな気配となったのである。

接種との因果関係が不明ということで殆ど報道されていないが、これまで国内でワクチン接種後に1000人程の死亡者が発生している。100万人当りのその内訳は、ファイザー製が20人弱、モデルナ制が1人強といい、圧倒的に前者で多く報告されている。ただ、周囲の状況では、休暇が必要な程の発熱や体調不良の事例はモデルナ製が多かった。

実は、私は昔ある薬剤で1万人に1人とかいわれた危険なショック症状を起こしたことがあった。直接ワクチンとは関係ない薬で、食物アレルギーや花粉症等とも無縁な基本強健な身であったが、そんな経験と特異(?)体質のこともあり、重篤な副反応を警戒していたのである。

因って、本来ならモデルナ使用が知らされていた自治体接種を強く希望していた。しかし、それが叶わなかったことは前記の通りである。

周囲の殆どが「かなり辛い」と言う、数日寝込む可能性の高いモデルナか、それより楽だが、死ぬかもしれないファイザーか……。

そんな究極的選択ながらも、やはり命には代えられないので、かかりつけ接種を断ることも一瞬過ったが、これを逃すと、それこそ年内接種が叶わぬことになりかねず、その間コロナで死ぬ可能性も高まるので諦めた。

また、コロナ禍長期化により世界中で接種を3回まで拡大する動きがあり、ただでさえ足りていないワクチンの争奪戦が激化しそうなことも恐れた。

1回目接種所感

そうして今日、接種の時を迎えた。前日あった確認の電話での案内通り、指定された時間の少し前に病院入りして時間通り接種を終えた。

応援の看護師か、いつもより職員が多かったが、実際に注射を打ったのは馴染みの病院長であった。平時の施療時間ではなかったため、接種用の時間を特別に設けていたようである。

一応事前に過去の薬害(当該医院が確認を怠ったため敢えてこう呼ぶ)について相談したが、ワクチンの成分的に問題なし、とされた。

接種の感想は、一瞬ではあったが、接種そのものが、かなり痛かった。それは、成人してから打った注射類のなかで最もと思われる程であり、小学生以下の子供には耐え難いないではないか、とさえ感じられた。

後で親類・知人にその話を言うと、皆が医師の技量問題を指摘した(笑)。まあ、院長氏は普段あまり自身では打たなさそうだから、その辺はある意味仕方あるまいかとも思った……。

さて、接種後、待合室で帰宅の許可が出るまで待つ。過去の副反応について報告していた所為か、同時に接種した人達より少し遅めで許可が出た。

こうして、紆余曲折はあったが無事(漸く?)自身のコロナワクチン1回目接種を終えた。今のところ体調に異変はない。敢えて言えば打った場所に少し痛みが残るくらいか。今後どうなったのかは、また逐次報告したい。


上掲写真 新型コロナウイルスワクチン接種券の1回目欄に貼られた、ファイザー製ワクチンのシール。


接種1日後追記

接種後まる一日経ったが、意外に異変は無し。強いて言えば、打たれた箇所が腫れて、少し痛むくらいか。とはいえ、触らなければそれを感じることはない程度である。

接種2日後追記

接種後まる2日後も特に異変は無し。昨日同様、注射箇所を触れば腫れと痛みを少々感じる程度。多くの例から、一応2日経って何もなければ、ほぼ大丈夫といえるだろう。

とはいえ、まだ2回目接種が終っていないので、油断禁物ではあるが……。

posted by 藤氏 晴嵐 (Seiran Touji) at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 逍遥雑記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188970902
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック