2021年10月17日

神苑夕虹

平安神宮・神楽殿前の白砂上に長く伸びる撮影者の陰

突然の季節画期

10月中旬というのに連日30度前後の夏日・真夏日が続いていた京都市街。

ところが、今日いきなり昼でも20度に届かない寒気に呑まれることとなった。先月末行った高地行の気分も抜けず、まだまだ夏山的高山行も可能な気すらしていたが、遂に気温低下、即ち秋到来を実感することとなった。

そんな、季節の画期となった今夕。高地行で壊れたカメラの代品試験を兼ねて自宅近隣を歩いた。劇場や美術館等がある文化地区・岡崎(左京区。市街東部)では、久々の参拝増加に誘われ、平安神宮にも立ち寄る。

写真は、そこでの一写。本殿横の殿舎等を試験撮影していたら、自分の陰が途轍もなく伸びていることに気づき、面白味を感じて撮った。

これも、諸物密集気味で狭い京都市街に於いて、例外的に空隙広い境内を持つ平安神宮ならではのことか……。


平安神宮・神楽殿の緑の鴟尾上にかかる虹
などと思いながら、美麗な緑釉鴟尾(しび)を見上げると、上空に微かな虹を見つけた。そういえば、寒気の所為か、先程から雲間の日射と微雨が混在する複雑な天候が続いており、それが虹の出現を促したようである


2021年10月17日夕方に撮影した平安神宮・神楽殿上の巨大な虹
初め微かだった虹は、見る間に明瞭かつ長大となり、この通り境内を跨ぐ光輪の如き姿となった。それに気づいた他の参拝客らも、歓声と共に次々撮影等に興じる

大虹や過去との奇遇に感じ入る

あとで知ったところ、この虹は境内の規模を遥かに超え、京盆地東の市街を南北に跨ぐ巨大なものだったという。その特異さから、地元紙・京都新聞も本社屋上からその姿を撮影し記事にして紹介した。

また、これもあとで知ったことによる余談だが、虹下の殿舎「神楽殿」は結婚式場となっているらしく、以前から同じ役割だとすると、その昔、両親が挙式した場所となる。

即ち、既に母の胎内にいたという自分も関係した場所であった。虹のことは偶然にしろ、その美しさ・珍しさ共々、生まれ育った地元ならではの奇遇に、少なからず感じ入ることとなった。

posted by 藤氏 晴嵐 (Seiran Touji) at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 逍遥雑記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189129243
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック