2022年05月27日

2022山茶手工後記

米油で揚げられる野生新茶葉(山茶新茶)

製茶より適す?

山会(やまかい)等の「会」の類にはしなかったが、去る5月22日(日曜)に知人と共にまた野生茶(山茶)の新茶摘みに裏山へ行っていた。

その際は、同行者に教えがてら、茶葉をこれまでより良く揉んで味の抽出を増そうと試みたが、明らかな向上を得ることは出来なかった。

あと試せることは、殺青(さっせい。色止め)を簡易法の電子レンジ蒸しではなく、真面目に蒸し器を使うことくらいか……。また、そもそも今の茶とは遠く品種が隔たっている可能性も改めて考えさせられた。

そんな、少々諦め気分のなか、食用として冷蔵庫に保存した茶葉がまだ残っていることを思い出した。そこで、思い切って、これまで経験のない方法で、調理することにした。

それが、写真の揚物。所謂「茶の葉の天麩羅」である。調理といっても、作り方は至って簡単で、水溶き小麦粉に、軽く水洗いした「一芯二葉(一針二葉)」の新茶葉を浸け、180度の米油でさっと揚げただけであった。


米油で揚げた山の新茶天麩羅
あっという間に出来上がった山の新茶天麩羅。揚げている時から良い茶の香りが漂う。これに粗塩を塗しただけで食したが、結果は期待通りの美味。茶の味が立つというより、コシアブラ等の山菜を食べているような感覚で、新芽ならではの鋭さ・力を感じられた。うーん、製茶するより余すことなく味わい尽せる、この方法が最適かもしれない、とすら感じた(笑)。


山の新茶葉を練り込んだ手作りべた焼き
ついでながら、他の新茶葉調理も紹介。同じく日曜採取した山茶葉を練り込んだ「べた焼き(一銭焼)」である。先日の作で、新玉葱や南瓜も入っており、本来はかき揚げを意図したが、油を切らしていたため仕方なく粉を増し鉄板調理した。こちらも、調理中に良い茶の香りがしたが、食味としては粉に封じられた感じだったので、やはり揚物が適すように感じた

posted by 藤氏 晴嵐 (Seiran Touji) at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 手工
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189577982
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック