2022年11月08日

月星皆食

2022年11月8日18時、京都市左京区の大文字山から上ってきた半影食の満月

望月と惑星の同時皆既

比較的最近のことだが、今晩稀少な月食が見られるとの報道を聴いた。

それは惑星食(天王星)を伴う皆既月食で、戦国天正期以来442年ぶりとなり、更に天王星食に限定すると過去5000年例がないというものであった。また、次に起こる惑星食も322年後という、実に稀少な機会であった。

折角なので、ちょうど欠け始めのころ外にいる予定もあり、望遠レンズをつけたカメラを持参し、撮影することに。すると、東山連峰の黒塊から満月が顔を出し、写真の如き姿を見せた。

時は18時ちょうど。国立天文台によると食が始まるのは同9分からとのことだったが、左下が黒く、既に欠け始めているような様子である。

後に知ったところによると、これは「食」ではなく「影」で、部分食に先行して起こる「半影食」という現象だという。それは既に17時から始まるらしく、比較のため完全な満月を撮影しようとした試みは失敗に終った。というより、月の出や空の明るさとの関係から、元より無理であった。


2022年11月8日夜、京都市左京区大文字山上空で始まった皆既月食に先行する部分食
そして18時9分、欠け始めである部分食の開始となった。確かに始まったか


2022年11月8日夜、京都市左京区大文字山上空で進む、皆既月食に先行する部分食
続いて18時16分、確かな欠け・月食状態になってきた。なお、帰宅中に撮影したので前掲画と撮影場所は異なる


2022年11月8日夜、京都市左京区大文字山上空で進行する皆既月食に先行する部分食
18時57分、部分どころか、闇夜に呑まれ、消えそうな状態である


2022年11月8日夜、京都市左京区大文字山上空で進行する皆既月食
19時29分、同16分から始まった皆既状態が進行。明るさが極端に落ちたので手持ちで撮影出来ず、三脚撮りに切り替え。既に帰宅し、月の高度も上がったので自宅前で難なく撮影出来た


2022年11月8日夜、京都市左京区大文字山上空で食の最大を迎えた皆既月食
そして19時59分、食の最大を迎える。赤黒い異様な望月が夜空に浮かぶ。これだけでも十分珍しい。ん?後ろから急にスマホのフラッシュ撮影するおばちゃん、やめてくれ(笑)。どうせ、そんなのでまともな写真は撮れまい


2022年11月8日夜、京都市左京区大文字山上空の皆既月食に食される瞬間の天王星

捕捉、天王星食

本来なら食の最大を捉えて撮影を終えるつもりだったが、今回の月食は惑星食あってこその稀少価値があったので、その機会に臨んだ。

そして20時31分、月の輪郭に接し、正にその陰に入らんとする天王星を捉えた(写真、月縁下部やや左の光点)。天王星があまりに小さく、ファインダーを覗いても判らないため、予告時間に合わせて複数写してなんとか押さえたのである。


2022年11月8日夜、京都市左京区大文字山上空で皆既月食から部分食に変化した満月
20時42分に皆既月食が終り、また部分食と化した21時25分。4分前に食を終えた天王星が再び月の輪郭から現れる筈だが、相対的に月の明るさが増したためか、確認出来なかった


2022年11月8日夜、京都市左京区大文字山上空で皆既月食から変化した部分食が終り、半影食に変わる直前の満月
21時49分、部分食が終る時間だが、まだ欠けているように見える


2022年11月8日夜、京都市左京区大文字山上空で皆既月食から変化した部分食が終り、半影食となった満月
そして22時4分、ほぼ通常の満月に近い姿となったが、半影食は続いており、それが終るのは22時57分とのことであった

双方終了

さて、後半は庭に三脚を立てていたので撮影や観賞は楽だったが、夜も更けてきたため双方これにて終了とした。思えば、これまでじっくりこうした観賞をしたことがなかったので、その意味からも貴重な体験が出来た。

posted by 藤氏 晴嵐 (Seiran Touji) at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 逍遥雑記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189922614
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック