2023年11月23日

紅黄近寺近山

2023年11月23日祝日の、若王子付近の哲学の道の楓紅葉

ついでながらの
近寺・近山 紅葉観察


今日は祝日・勤労感謝の日。

そうとは知らず、朝、受診の予定を入れていたが、準備中に気づき、取り止めた。そういえば、週末は寒気で荒れそうなので、代わりに、近山で少々また登山靴の慣らしをすることにしたのである。

そして、そのついでに、ついに盛期と化した麓や山の紅葉具合も観察。写真は、その最初の楓。京都市街東縁を流れる琵琶湖疏水分線に沿う、所謂「哲学の道」の一樹であった。

内外数多(あまた)の観光客が行き交う哲学の道では、大半の樹がまだ盛りに達していなかったが、なかには、この様に、真紅のものも見られた。


永観堂門前の紅葉と多くの参観者

天下の名所・永観堂

哲学の道の次は、その南隣の永観堂へ。言わずと知れた天下の紅葉名所である。写真は、その門前の様子。まだ色づきが浅い樹も多いが、全体的にはかなり赤らんできた。

それにしても、寺の内外人が多い。まあ、この時期は仕方ないが……。


永観堂南門内から見た
同じく永観堂の紅葉。南門内から苑池(放生池)方面を見る。かなり鮮やかだが、残念ながら曇天で光は良からず


2023年11月23日の勤労感謝の日に特別公開されていた東山高校の屋上と京都市街の眺め

絶景!東山高の厚情

永観堂を過ぎ、寺に隣接する東山高の門前を通れば、何やらその教員や生徒らが集い、道行く人を誘っている。

どうやら、今日のみ屋上を一般公開しているようである。折角なので見せてもらったが、最初に通されたのが、写真の屋上。誘い口上通り、京都市街が一望できる好眺望所であった。


2023年11月23日の勤労感謝の日に特別公開されていた東山高校の校舎上から見えた紅葉に燃える永観堂境内の眺め
そして、次に通されたのは、校舎窓から見えた圧巻のこの眺め。なんと、永観堂境内の紅葉がほぼ全て見えるという贅沢さであった。しかも無料(永観堂境内は大半が有料)。永観堂との関係を少々心配したが、休日返上の関係者皆さんの厚情を、対面で、または胸で謝し、退出した


2023年11月23日の勤労感謝の日の京都・南禅寺境内の紅葉

人を避けつつ南禅寺

東山高校の次は、これまたそれに隣接する著名大寺・南禅寺。写真はその境内端の紅葉だが、全体的に永観堂より進みが早く感じられた。標高等の環境立地は同様の筈だが、背後の山谷の冷風の所為か。

とまれ、ここも観光客で溢れているため、人が写り込まぬようにするのが大変であった。


2023年11月23日の勤労感謝の日の京都・南禅寺境内の黄葉
これも同じく南禅寺境内の黄葉。最奥にある最勝院への案内が立つ場所である。それより、かの「水路閣」入口と言った方が解りやすいだろうか


南禅寺最勝院奥から山科へと続く古道跡山道

山道から北山科へ

水路閣を潜り、境内最奥の最勝院を抜けて山に入る。最勝院の奥之院で行場である「駒ヶ滝」を越えると、道は写真の様に完全なる山道と化した。

但し、古くから京・山科を結ぶルートのため、確りした古道が随所に残る場所でもあった。


京都北山科山中に現れた山科聖天の紅葉の輝き

意外の一番・山科聖天

山道はやがて東山の鞍部を越え、京盆地東隣りの山科へと下る道と化した。そして、また尾根を越す小さな切通し峠を越え、谷の森を下ると舗装路と出合い、突如写真の如き、光輝く場所が現れた。


京都北山科山中にある山科聖天・双林院の鳥居越しの鮮やかな紅葉
北山科山中で光を放っていたのは、鳥居に歓喜天の扁額かかる、山寺・山科聖天(双林院)であった。ちょうど紅葉盛期で、意外にも今季一番の素晴らしさであった。しかも、境内に人は数人のみの、空きぶり


京都北山科山中にある毘沙門堂・勅使門坂の紅葉

陽当たりの関係?
毘沙門堂門跡


感動的な山科聖天の紅葉を堪能した後、すぐ下方にある毘沙門堂へ。東山(大文字山地)への出入口に当る山科毘沙門堂も近年著名な紅葉名所で、静かな双林院とは別世界の賑わいぶりであった。

ただ、よく報道等で紹介される勅使門坂の紅葉具合は写真の如く、少し精彩を欠くように感じられた。


山科・毘沙門堂門跡の本殿・仁王門下の鮮やかな紅葉
同じく山科・毘沙門堂門跡にて。今回は、本殿・仁王門下のこの紅葉の方が鮮やかに思われた。陽の当たり具合の関係もあるかもしれないが……


京都北山科の谷に続く林道と大文字山の紅葉
京都・北山科の谷奥に続く大文字山への道

大文字山の天然林紅葉

今日の折り返し地点としていた毘沙門堂からまた山中に入る。山域の主峰・大文字山山頂(標高465m)を経て京都市街に戻るためである。


京都北山科の谷上に覗く、大文字山の紅葉
北は大文字山方向に続く谷上に覗く、大文字山・如意ケ嶽山上の天然林紅葉も美麗


午後2時頃にもかかわらず、夕方の如き光線が射す大文字山山頂
そして、谷道を詰め、東山稜線に上り、大文字山頂着。然程遅い時間ではないが、晩秋なので既に夕方の光線具合。思えば、山科に入った頃から、予報に反し陽が出てきた。ただ、山頂からの眺めは霞多くして、良からず


大文字山火床から見た周囲の紅葉や京都市街
大文字山頂からの眺めとは対照的だったのは、山頂から下った中腹にある「五山送り火」の火床部分。その脇や周辺の山々の紅葉が美しい


大文字山火床面に繁茂して黄金色を成して揺れるススキ
大文字中腹でのもう一つの意外は、火床面に繁茂する、このススキ。黄金色に揺れ、実に美麗であった。ススキといえば、9月末の印象が強いが、紅葉とセットになったので、より、感慨深いものとなった


大文字山火床下の紅葉

市街帰還
今年は山中が当り?


火床から更に下った山中の紅葉も写真の如く美麗であった。今年は街の紅葉は猛暑等の影響か今一つに見えたが、山のものは当りのように感じた。

そして、麓の銀閣寺に下り、山を出た。肝心の靴の具合は悪しからず。前回靴擦れが起こった場所も今回は問題なかった。

不具合発生を機に皮膚が厚くなったのか。まあ、距離や高低差、荷物負荷が少なかったことも関係しているのかもしれないが。

とまれ、今日はこれまで。そして、以上、一先ず京都市街東部の紅葉具合の参考まで……。

posted by 藤氏 晴嵐 (Seiran Touji) at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 逍遥雑記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/190670464
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック