2009年06月07日

'09湖南山会

太神山山頂の不動寺境内地入口の左方を守る、憤怒の表情を持たない珍しい姿の制多迦像

「滑り込みセーフ」の開催

東京でのイベントが終わってから1週間目の週末日曜、山会が行われた。本音としては、もう少しあとの日に行いたかったのだが、そうも言ってはいられない。フィールド行事「山会」の最大難儀、梅雨入りが近い為である。

折しも、直前の予報で梅雨前「無雨」がほぼ保証された最後の週末となった。思惑通り、「梅雨入り滑り込みセーフ」の開催となったのである。

向かった場所は、昨年春秋の山会で既に馴染と化した、滋賀県湖南アルプスは太神山系(たなかみさんけい。田上)。当初は、同じく馴染で思い入れある比良と迷ったが、初心者の参加が多数予定されていたことと、天候の変化を警戒して、標高が低くく、山容も穏やかな太神とした。

暦の上では夏である6月に入ったが、一応春季最後の山会との位置付けである。即ち、今年前半期最後の山会開催でもあった。


上掲写真: 太神山山頂にある不動寺の、境内地入口の左方を守る制多迦(せいたか)像。本尊、不動明王の従者として、金剛棒を持ち、怒りの紅蓮色を帯びるも、なぜか憤怒の表情を持たない珍しい姿。武具や激情で威嚇するより、直接心を問うているのであろうか。実に奥深い存在。


滋賀県田上の新免バス停に停車する帝産バスと背後に見える堂山"

新免より吉祥寺川筋を経て山へ

前回より少し早目に集合し、バスも異なる行先のものに乗る。そして乗車20分程で「新免(しんめ)」という集落に着く。写真はその停留所でのものだが、背後に昨春登った堂山が見える。今回は、前回より一筋東北にある吉祥寺川(きっしょうじがわ)筋から山に入るので、以前見た山の裏手を眺めていることになる。

手前耕地際には、水田からの濁水排出防止を呼びかける派手な幟が、「親の仇」よろしく数多(あまた)並ぶ近年馴染の光景が……。今年も、早そんな季節になった。

滋賀県田上の新免集落から山へ入る林道をゆく山会一行
新免集落から山へ入る林道をゆく参加者

吉祥寺川谷筋のこの道から、途中山道にとりつき、左岸山塊の尾根道をゆくのである。曇天であるが、雨の心配は殆どないというのは幸いであった。


太神山へと向かう尾根道から吉祥寺川渓谷を見る
尾根道への途上より、吉祥寺川渓谷を見る

谷の最奥、即ちここから南東の果てが、主峰太神山方面となる。


太神山不動寺境内と天狗杉

ルート変更。不動寺、太神山へ

さて、尾根道を通って吉祥寺川上流部へと向かい、そこから川を渡って堂山方面へと向かうルートを予定していたが、参加者の希望と能力等を考慮して、そのまま主峰へ向かう道に変更となった。

そして、長い尾根道を踏破し、分水界を越えて達したのが写真の不動寺境内であった。同寺は太神山山頂部にある天台寺門派の古刹。平安初期に智証大師円珍が不動明王像を安置して開創したと伝わる寺で、今も広く信仰を集めるところ。境内には、古代からの伐採や戦災で荒廃したこの山域では珍しい巨樹も存在する。写真右に聳える、幹周5メートルを超す「天狗杉」がそれである。

時間も頃よくなったので、山頂を踏む前にここで昼食となった。いつの間にか青空も見え始める。


太神山山頂近くの巨石際に懸造(舞台造)式で建てられた繊細優雅な趣をもつ不動寺本堂とその脚部

昼食後、天狗杉横の石段より山頂へ向かう。その急登途上、顔を出したのが、写真の不動寺本堂である。山頂近くの巨石に添うて造られた懸造(舞台造)式のもので、繊細で優雅な趣をもつ。その建造年代は意外に古く、中世は14世紀頃とされ、重要文化財にも指定されている。本堂が覆う、巨石の洞穴中に、厨子入りの秘佛本尊、不動明王が安置されているという。

暫し皆で舞台上の堂内を見学。そして、その窓より太神(田上)の山々を眺める。


太神山山頂近く、不動寺本堂裏の巨石くぐりの「行場」をゆく山会参加者
山頂へ行くには、本堂よりまだ少々進まなければならない。その途中、本堂の巨石裏をくぐる場所がある。本来は「行場」なのであろうが、めでたそうなので皆くぐる(笑)


湖南アルプス南部の最高峰・太神山山頂に到着した山会一行と二等三角点を踏む赤ちゃん

赤ちゃんも踏む太神山頂

そして間もなく山頂の二等三角点に着いた。湖南アルプス南塊の最高峰、太神山599.7メートルの頂である。展望はないが、皆満足げであった。一応、赤ちゃんにも、山頂を踏んでもらう……。


太神山不動寺表参道の境内境界に立つ左右2体の石像「制多迦童子」と「矜羯羅童子」

せいたかさんと、こんがらさん

山頂から不動寺まで戻り、行きとは別の表参道ルートを下る。その途中、境内地・浄域の始まりを示す門と遭遇。我々はそこから出る形となるが、簡素な冠木門とその奥の2体の石像が、来訪者を待ち構えていた。

その2像の内、左のものが、最初に掲げた「制多迦童子」である。右のものは「矜羯羅(こんがら)童子」といい、同じく不動明王の脇侍で、制多迦同様、他所にはない姿で独特の雰囲気を醸す。ここの、せいたかさんと、こんがらさんは、初めてこの山に入った際に出会って以来の贔屓で、最も好きな石像の一組となっている。

一部の参加者から「気持ち悪い」とかいう不謹慎な声も聞こえたが、バチでも与えてもらいたい(笑)。


太神山山中の川原の砂上にて発見した鶉の巣と卵4個

再度山中へ。宝探しも

表参道ルートを下り、車道のある天神川の谷に出た。普通ならこのまま車道を下って山を出るのであるが、今日は再度山道に入り、尾根を縦走しつつバス停まで近づく帰路を採ることとなった。その途上、山中の川原にて鶉(うずら)の巣を発見。卵殻は見事に保護色をなしていたが、遮るもの1つない無防備ぶりに心配してしまう。それでも、そっとしておくほかあるまい。

気温もかなり高くなってきた。既にかなりの距離を歩いている参加者は縦走に耐えられるか……。


縦走路に出る前の沢筋で行われた水晶探し
縦走路に出る前、昨春に同じく宝探しが始まった。初体験の人を交えて、一部その作業は熱を帯びる。まあ、他の人には休憩にもなっていいのだが……。泥まみれになった熱中組に対して、「ゲリラ兵さながら」との冗談(揶揄?)も飛ぶ(笑)


山会参加者が掘りだした田上産「煙水晶(smoke quartz)」の大塊
そんな、冷やかしも受けた熱中組の努力が報われ、宝が掘り出された。煙水晶(smoke quartz)の大塊である。寺の人によると、奥山に効率良く取れる場所があり、全国から採取者が来るというが、そんな場所ではない為、一際貴重に感じられた


湖南アルプス独特の奇岩景と地肌斜面をゆく山会参加者

奇岩景と遠望叶う一番の見所

さて、いよいよ縦走路。湖南アルプス独特の奇岩景が見られ、遠望も叶う本日一番の見所である。写真はその一部。中央地肌の斜面に参加者が立っているのが見えると思うが、即ち、そこもルートの一部となっている。遠目には急斜に見えるが、さほどのものではない。


太神山系堂山山頂直下の奇岩を攀じ登る山会参加者
途中経由する堂山(標高384メートル)山頂直下にて

随分と危険な場所に見えるが、命にかかわる程の危険はない。さて、これを越えれば、あとは下るだけ。もう少しの辛抱!


堂山山頂からみた、穏やかな夕光に照らされる田上盆地の水田と琵琶湖、そして彼方に浮かぶ叡山の雄姿

堂山到着。下山へ

そして辿り着いた堂山山頂。既に西傾する陽の、穏やかな光が、麓の水田と琵琶湖を照らし、彼方叡山の雄姿を浮き上らせる。はや夏の風情か。昨春とはまた違った眺め、趣である。


下山に向け、太神山地・堂山からの急斜を下る山会一行
さあ、あとは下るだけではあるが、そこから見る麓は未だ遠い。初参加の仲間の、意外な健闘ぶりに支えられて、気を締め直し出発する


縦走路を下る背に立つ、夕陽に照らされた堂山
縦走路を下る背に立つ堂山に、夕照が当たり始める。間もなく山の1日も終わりである


山会下山地である天神川河原に残置されたバーベキュー客の氷塊

クリスタル・ラッシュ!ではなく……下山終了

そして、無事バス停に通じる車道傍の天神川に出た。下山である。ところがその時、目の前に一辺10センチ以上はあろうかと思われるクリスタルな物体が数多現れた。まさに「濡れ手に粟」の状態、クリスタル・ラッシュではないか!しかし存知の通り世はそれほど甘くはない。結局それは、どこぞやのバーベキュー組が残置していった、ただの氷塊であった。写真がそれであるが、あまりのクリヤーぶりにピントが合っていない。いやはや、お粗末な締め画像となった。何卒諒とされたい。

とまれ、そのあとバスで石山駅に移動し、その付近でいつもの如く銭湯入浴と打上げを行い、会を終了したのであった。今回は、長い行程となったが、私の知る太神の魅力をほぼ全て堪能してもらえた贅沢なものになったと思う。重要文化財の古刹見学、主峰登頂、水晶採り、アルペン景観展望等々である。あとはゆっくりと休んでもらい、いい思い出にして頂ければ幸いである。

posted by 藤氏 晴嵐 (Seiran Touji) at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 山会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/29726413
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック