2009年07月03日

out of place

来田猛写真展が開かれた京都嵯峨野・大覚寺宸殿の屋根

大覚寺にてお得な催し開催中(

午後遅く、用の合間をぬって少々遠出する。京都市北西部にある名刹「大覚寺」に行く為である。別に初めての訪問ではない。外でもない、友人の展覧会がそこにて開かれている為であった。詳細はまた後ほど伝えるが、会期が明後日の7月5日(日)までなので、取り敢えず時間等をお知らせしたい。

展示は、7人のアーティストたちによる様々なアプローチの作品を、名刹の拝観エリア内にそのまま展開させるという企画。ユニーク、かつ珍しいものなので是非お勧めしたい。もちろん、大覚寺の文化財にも同時に親しめる。大変お得な催しである。


展覧会タイトル out of place
場所 大覚寺門跡(境内有料拝観域にて。要¥500)
期間 2009年6月24日(水)-7月5日(日)
時間 9:00-16:30


※ 原画像紛失の為、作品画像のぼかし解除と所感追記が不能となっております。関係各位にはご迷惑をお掛けしますが、ご了承の程お願い申し上げます(サイト発信元・管理者より)。


大覚寺宸殿「紅梅の間」の畳上に展示された来田猛の写真作品
主催7人の内の1人で、友人の来田猛(ころだ・たける)君の写真作品展示部分。まだ開催中なので、敢えて作品内容を伏せ(ぼかし入れ)させてもらった()。先ずは現場での出会い・驚き等を楽しんで頂きたい。なお、無フラッシュによる撮影と、そのWEB公開は当人より許可済みである


大覚寺宸殿「紅梅の間」の畳上、狩野山楽の「紅白梅図」前に展示された来田猛の写真作品
天下の名画、狩野山楽作「紅白梅図」に挑む来田作品。こちらも今は伏せさせて頂く(


大覚寺本堂「五大堂」裏より見た嵯峨の名勝「大沢池」とその中に仕込まれたアーティスト作品
大覚寺の本堂「五大堂」裏より、嵯峨の名勝「大沢池」を見る。この中にもその他のアーティストの作品が仕込まれているのだが、お解かりになるだろうか。少々見難いが、画像上でも確認出来なくはない。ヒントは、古この池で行われた行事に因むもの(現象)である


庭園内にて作品の記録撮影をする写真家・来田猛
庭園内にて作品の記録撮影をする作家を発見。こちらは無許可の盗撮である。本人から苦情が入るまでの掲載ということにしておこう(笑)

posted by 藤氏 晴嵐 (Seiran Touji) at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 催事(友人其他)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/30276180
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック