2009年12月31日

2009年大陸調査行


本頁は、2009年10月14日から同10月28日の約2週間に渡って行った大陸旅行の記事を「記事分類」に拘らずに連載集成したもの。上海・敦煌・蘭州・天水・三門峡・北京といった通過各都市での見聞記録や、敦煌近郊荒漠での古代長城関係遺址の調査を紹介。閲覧は画像横の各タイトルをクリック。

上海浦東国際空港と市内を結ぶリニアモーターカーの先頭車両と駅構内

10月14日
「好久不見大陸」




よくある町並みの奥に高層ビル聳える上海の朝


10月15日
「巡覧上海」



黄土高原中を流れる黄色く濁った渭水と、新たに開通していた高速道路(連霍高速?)の橋とトンネル

10月16日
「大陸列車行」




中国甘粛省西部の見渡す限り荒野を染め始める、列車内から見た鈍い紅色の曙光

10月17日
「遥遠的敦煌」




漢代敦煌に初めて築かれたとされる都市の遺跡「沙州故城」

10月18日
「敦煌調査初日」




敦煌近郊緑州集落「南湖」南辺にある、漢代の泉「渥わ水」跡とみられる「渥わ池」の堤と広大な水面

10月19日
「敦煌調査2日目」




中国甘粛省西部・敦煌郊外の党河から南湖集落までの約10kmを塞ぐ、漢代長城遺構とされる土塁

10月20日
「敦煌調査3日目」




全市停電により店前に発電機を置いて営業する中国西部敦煌の食堂

10月21日
「敦煌休日」




タクシー車内から見た、中国西部敦煌近郊集落「南湖」へ続く荒漠の一本道

10月22日
「敦煌調査再開」




中国西部敦煌から安西(瓜州)方面の漢代遺構の見学出発前に市内燃料スタンドにて補給するチャーター・タクシーと司機のW氏

10月23日
「敦煌東方視察」




中国西部敦煌市街の農産品市場

10月24日
「さらば敦煌」




丘上に頻繁に黄土造りの古城塞を見る、中国西部甘粛の黄土地帯をゆく列車車窓

10月25日
「甘粛横断」




柳葉越しに見える、池と石橋ある中国庭園風の天水馬包泉公園と頂まで耕地化された黄土山地


10月26日
「親愛的朋友」




中国河南省三門峡の集合住宅の窓に貼られた新婚用(?)のハート形剪紙


10月27日
「新婚悪客」




北京西駅行き特快列車の窓から見た、北京郊外で建設中高層住宅

10月28日
「夕照離陸」



posted by 藤氏 晴嵐 (Seiran Touji) at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 抽出記事集
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43633660
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック