2011年03月03日

上巳置標

藤氏晴嵐のサイト「過日・来日」のファビコン画像

祝!ファビコン設置

本日、当サイトにファビコン(favicon)が設置されました。ファビコンとは、「Internet Explorer」や「Safari」等のWEBブラウザ上のアドレスバー及びブックマーク(お気に入り)内、またはパソコン上のショートカット・アイコンに表示される小画像のことです。今更ながらの搭載(本来は開設当初に予定)となりましたが、ご愛顧の程、宜しくお願いします。

過去から未来。時と世の諸々を表現する意匠

上掲画像は、そのファビコンの拡大画像。サイトタイトル「過日・来日」をイメージした意匠で、「過」と「来」の中間背後に、それぞれの字にかかる「日」の字の象形体を配置しました。「日」は承知の通り、本来は太陽の意を持ちます。その為、象形体の色もそれを思わせる橙黄色としました。

「的」の形にも似たその中心は、「日(太陽)」の実体であり、「過日」(即ち過去)と「来日」(同未来)の中間にある「現在」をも示します。そして、そこから放たれた日輪の象徴であるその外輪は、過去と未来という、両極で絶縁されたような存在を繋ぎます。恰も、「現在」の存在によって過去と未来が1本に繋がり、我々の時間概念の全て、そしてこの世の諸々が表現される様に……。

また、そんな意味付けの他に、軽く立寄りを促す意もあります。それは、「過来」の2字が現代漢語のその意に相当することによります。

文字フォントは、平たく変形明朝フォントを採用。全体的に見た目を、もう少し華やかなものにしたかった為、色々と色付けやグラデーションを試みたのですが、結局この様な淡白なものとなった次第です。

3月3日節句との関係

3月3日の雛祭という、特別な日での登場ですが、偶然の一致であり、何ら特別な意図はありません(笑)。ただ、記事表題は一応、今日の日に因み、「上巳(じょうし。桃の節句のこと)に標識(ファビコン)を置く」としました。

posted by 藤氏 晴嵐 (Seiran Touji) at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 告知
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43696940
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック