2007年10月25日

天才観覧

狩野永徳展が開かれている京都国立博物館本館(特別展示館)正面部

諸媒体が毎度合唱する「芸術の秋」の語に釣られた訳ではないが、秋一日(いちじつ)の間隙に催事観覧を行った。場所は市街東部にある京都国立博物館。催しの名は「狩野永徳展」である。

時代を代表する男、狩野永徳

ご存知かもしれないが、狩野永徳とは、日本美術史の画期、桃山時代を代表する画人で、海北友松(かいほう・ゆうしょう)、長谷川等伯(はせがわ・とうはく)、雲谷等顔(うんこく・とうがん)らと共に桃山四巨匠の一人とされる人物である。安土城や大坂城等の、当時一級の城郭や宮殿社寺の障屏画(しょうへいが)製作に腕を揮い、後の「狩野派」隆盛の基を成した。そんな、ぬきんでた活躍と力量から、四巨匠中でも特に秀でた画家として、広く内外の研究者、愛好家らに知られている。

永徳に限らず、天下人らのモニュメンタルな建築にて大作を担ったこの時代の画家は、「画人」や「絵師」と呼ぶより、「障屏画家」とでも呼ぶ方が相応しい。建具等に施された室内装飾である障屏画は、「源氏絵」等の画中画で知られるように、桃山以前より存在したが、新しい権威と結びついた壮大かつ絢爛な桃山のそれは、全く趣を異にする。故に、障屏画といえば桃山が想起され、桃山といえば障屏画が想起されるほど、障屏画は桃山という時代の、代名詞的存在とさえなっているのである。その、障屏画製作に於いて頂点的存在であったのが、まさに永徳その人であった。

つまり、彼を重用したクライアント(発注者)である、時の覇者、信長・秀吉と同じく、永徳自身もまた桃山を代表する男だったのである。

永徳に見る「天才」の姿

実は、私はかなり以前より、この桃山障屏画の愛好者であった。かつて所蔵館や所蔵寺院に繁く出向き、それらを鑑賞したものである。四巨匠には何れも好意を抱いているが、中でも永徳は特に思い入れが深い。それは、大徳寺の塔頭、聚光院に於ける「遭遇」での衝撃によるものであった。

その昔、期間数日という聚光院の秋季拝観に臨んだ私は、その方丈内にて図らずも永徳の作品に接した。禅堂らしく、白地の襖に墨一色の地味物であったが、そこには恐るべき才能が印されていた。襖間を渡る梅の枝(え)などの力漲る線に、大胆な擦れ塗りによる岩などの迫力ある面―。何気なく踏み込んだ佛間の気が、一気に緊迫した。そして、身を囲う襖全面が発する気迫に圧倒された私は、暫しそこに釘付けとなったのである。その時、全身の皮膚が浮き立つ感覚を経験したことをよく憶えている。

当時、私の年齢は奇しくもその画を成した永徳と同じ、20代半ばであった。微塵の迷いも見られぬ彼の業(わざ)に、私は天才というものの姿を実見した気がした。

「永徳展」所感

さて、肝心の展覧会の方であるが、さすがに集大成企画を謳うだけあって主要作の殆どが動員されている。全てではないが、前述した聚光院の襖絵もまた然りである。中でも、広く一般に知られた品ながら実見の機会少ない「上杉本洛中洛外図」が、遥々山形から移され、間近にその絢爛を観察出来たのは嬉しいことであった。ただ、展示替えの関係上、「三井本聚楽第図屏風」(狩野派作。会期後半出展)が見れなかったことは残念であった。同図は、聚楽第を唯一実見して描いたとされるもので、史料的価値も高いものなのである。

人の出は、やはり多かったが、数年前同館で催された「雪舟展」ほどではなかった。ただ、「洛中洛外図」前では込み合ったし、週末や休日ともなれば事情は変わるかもしれないので、現況を確約するものではない。

愛好者としては、本来障屏画は、作品が当初設置された場所、そして自然光のもとで鑑賞すべきだと思っている。即ち、作者の意匠計画並びに意図、そして想定環境を尊重することである。そうすることが、作品の良さや凄みといったものを最大限に感知することに繋がると思われるからである。とはいえ、昨今はそれが難しくなりつつある。画面保護や防犯上等の問題の為である。聚光院に於いても、近年複製品が完成した為、現物鑑賞の機会は減るのではなかろうか。なので、今回のような別所展覧の機会を利用するのも致し方あるまい。

ともあれ、今回の対象は天才である。少々鑑賞の環境が劣っても、少なからずその凄みを認めることは可能であろう。ただ、やはりその際に於いても勧めたいのが、かの聚光院の襖絵である。派手な箔押しや着色がなく、またその姿自体が威を放つ猛獣・猛禽を用いない簡素なそれは、画人の本質を知るのに相応しい材料と思われる。そしてそこから、永徳を永徳たらしめたのは実は天下人の要請ではなく、「時代」であったということも判るのではなかろうか。天下人登場以前、既に「時代の代表永徳」が用意されていたということを、初期作である襖絵が教示するからである。

清爽な秋の日の一日。読者諸氏も、本当は滅多に存在しない天才の豪気に触れられてみては如何であろうか。


上掲写真: 京都国立博物館本館(特別展示館)正面。永徳展の玄関口である。明治28(1895)年完工という、館内自体の雰囲気もいい。雪舟展の時のように、ここから長蛇の列で待たされることはなかったが、なかなかの人出であった。因みに、会期は11月18日までとのこと。


京都国立博物館本館(特別展示館)正面の皇室紋章と伊弉諾・伊弉弥のレリーフ
日本の博物館・美術館は当然ながら内部での撮影が禁止されている。なので、代りと言えばなんだが、本館正面のレリーフでも掲げておこう。皇室の紋章左右にある人物は、確か伊弉諾(イザナギ)と伊弉弥(イザナミ)だった筈である。神話世界に於ける国土創造の父母神で、「大日本」明治の世らしい題材。これもなかなかの豪気ではなかろうか。

posted by 藤氏 晴嵐 (Seiran Touji) at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 催事(友人其他)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/6337592
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック