2014年03月15日

復活平会告知

境内に御土居の遺構が現存し、その成り立ちとも関係が深い、京都・北野天満宮の紅梅。平成24(2012)年3月撮影

沈黙からの復活

昨年の秋の山会から随分と時が過ぎた。このサイトの更新も実に数カ月ぶり。

実は、昨年11月に事故に遭って利き手を骨折し、逼塞生活を余儀なくされていた。生まれて初めての入院・手術を経ての漸くの回復――。

火事罹災と同年中、そしてそれからの生活再建の最中……。身の回りの始末すら困難となった状況に、一時は参っていたこともあったが、周囲の人の助けもあり、なんとか脱することが出来た。

正確にはまだ不具合が残るのだが、ぼちぼち色んなことを再開したいと思う。

先ずは、近場での平会の開催。戦国の覇者、豊臣秀吉が、今から423年前に京都市街約23キロを取り囲んで構築した大防壁「御土居掘(おどいぼり)」の跡を巡る。

近代までかなりの部分が残存していたが、今では僅かに残るのみとなった桃山の夢の跡。構築の意図等を含め、謎多いその大施設の姿を、史資料を手に、求めたいと思う。

興味ある人、希望する人は、宜しくご検討を。


詳細

開催日 : 3月23日(日曜)

時間   : 9:00〜
集合場所: 丸太町河原町交差点
集合時間: 9:00
費用目安: 往復交通費¥500(京都市バス1日乗車券)+打上げ食費(実施、参加の場合)
行程   : 廬山寺遺構〜(徒歩移動)〜出町柳〜(バス移動)〜加茂川中学遺構〜(徒歩移動)〜大宮交通公園遺構〜(徒歩移動)〜鷹峯遺構群〜(徒歩移動)〜北野遺構群及び「袖」部〜(徒歩移動)〜市五郎稲荷遺構〜(バス移動)〜東寺西門付近跡地〜(バス移動)〜枳殻邸遺構

備考

・雨天の場合は中止します。
・全歩行距離は5キロ以上の行程となります。
・昼食は交通公園か鷹峯御土居公園にて採る予定です。
・防寒・防風対策必須。
・各自のペースを尊重し、早い人が遅い人を少し先で待つ行路スタイルとなります。
・未定ですが、終了後に打上げ夕食会行う可能性があります。参加希望の方は考慮下さい。

参加条件

徒歩とバスによる移動となります。外の気候条件にさらされること考慮下さい。場合により気温がかなり低下する恐れもあります。この平会は参加費等を徴収する集いではありません。よって何の補償もない自己責任参加となることをご承知下さい。怪我、腹痛、虫刺され等の対策を各自準備願います。なお、参加希望の場合は事前にメール等での連絡をお願いします。

持ち物その他

・飲料(必要分。温かいお茶等推奨。市街の為、中途補給容易)
・昼食
・帽子
・歩き易い靴
・雨具
・防寒着
・衛生用品(ちり紙等)

その他、着替えやタオル、御菓子、嗜好品などは適宜考慮ください。靴は運動靴がよいでしょう。基本的に歩行中は暖かく、休憩並びに食事時等は寒くなると思っておいて下さい。荷物は極力軽くした方が楽です。資料の配布を予定しているので、書込み等が必要な人は筆記具の用意を。


以上、何かご不明あれば、ご連絡願います。


上掲写真 境内に遺構が現存し、御土居の成り立ちとも関係が深い北野天満宮の紅梅。2012年3月撮影。


京都・大宮交通公園内に残る御土居遺構
大宮交通公園内に残る御土居遺構。堀部分は埋められてないが、北辺平野部に残る貴重なもの。本来はこれを冒頭に掲げるべきであろうが、アイキャッチとして地味な為、殿(しんがり)に(笑)。

posted by 藤氏 晴嵐 (Seiran Touji) at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 告知
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/90683292
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック