2007年01月01日

著者について


藤氏 晴嵐
(とうじ せいらん, Seiran TOUJI)


京都市左京区(市街地)在住
E-mail: seiran.touji@gmail.com
HP: http://seiran.ginreido.net

性別: 男
職業/専門: 著述・編集業 / 東洋史学
活動地域: 京都及び近県、東アジア・内陸アジア(西域〈シルクロード〉・チベット・蒙古)

略歴: 高度成長期末の京都市北区に出生(両親は九州人)。高等学校卒業後、電子・電気技術関係職を経て東アジア・内陸アジアへ放浪遊学。単著出版を機にフリーに。それらの間、4年制大学卒(専攻東洋史。古代軍事・交通・歴史地理等)。著述活動以前はバンド活動も。

【実績】
○単著刊行(シルクロード紀行『西域逍遥記』他)
○日刊紙掲載(随筆や書評等)
○日刊紙長期連載(戦後初?の文語文連載随筆『逍遥京都』)
○雑誌への寄稿
○ WEB(企業サイト)への連載・執筆(補修記・製作記・随筆・評論その他)
○本人や関係サイトへの執筆・運営
○官公庁サイト用インタビュー記事等
○企業サイト用記事の執筆・編集
○ WEB サイト制作(ディレクション・デザイン・コーディング・画像処理・SEO・運営管理等含む)
○冊子制作(装丁・ページデザイン・編集・画像処理・組版含む)
○展示イベント・講演開催

【得意(希望)案件】
○随筆・紀行(京都やアジアの歴史・文化についてなど)
○評論(古今東西の芸術全般〈美術・工芸・建築・文芸等〉についてなど)
○以上等で、特に格調の高さや重厚さが求められるもの

【可能案件】
○古美術・骨董の解説や評論
○セルフリフォームやDIY、機器修理の指南や解説(エコ技法・伝統技法利用)
○町家や古民家の解説や評論、活用提案
○電子機器やデジタル家電の解説やレビュー
○内外の古いロックやポップスの解説やレビュー
○オールドギター・ベース・アンプ等の解説や評論
○旅行や登山・自然観察の指南や解説
○海外現代事情(特に東アジア・内陸アジアについて)
○作詞(作詩)

【対応能力等】
○取説的平易文から和漢混淆的重厚文までの様々に対応
○史学専攻のため、歴史・文化に関わる案件は学者水準の調査・記述が可能
○海外取材可(主に東アジア・中央アジア。漢語可。露語・東トルコ語〈中ア標準語〉・チベット語等少々。各地に協力者あり)
○極地(タクラマカン砂漠)への長期探検経験あり
○シルクロード関係に造詣あり(関連学会よりの発表学術論文あり。古代万里長城関係)
○京都の伝統産業に造詣あり(従事者との繋がりあり)
○京都の寺院や古建築に造詣あり(関係者との繋がりあり)
○京都及び近県等の山岳事情に造詣あり(長年の登山経験及び読図技能等あり)
○京都及びその他地域の古地図・古地名等に造詣あり(史的調査技能あり)
○古今東西の美術に造詣あり(特に日本美術)
○内外のロック音楽等に造詣あり(自身も演奏家としての活動歴、作詞作曲経験あり)
○学問分野は文系だが電子技術職に長く在ったため理系・技術系案件にも対応可
○電子工作から皮革・木工品の製作、2 輪・家具・家電・日用品等の修理やリフォームの知識・技能・実績あり(伝統的修復法にも造詣あり)
○ WEB 関連ファイルへの組込可(HTML・CSS・PHP 等の知識・技能あり。Dreamweaver 対応)
○撮影技能・機材保有(デジタル一眼レフ。主にPENTAX社製機材愛用)
○画像処理・画像作成可(ラスター・ベクター共。Photoshop・Illustrator 対応)
○組版対応(DTP。技能・知識あり。InDesign 対応)
○sRGB・adobe RGB両対応
○書籍やWEB コンテンツの企画立案可

【コメント】
各種芸術や学問・政治・宗教等、人が志を持ち、根を詰めて行うあらゆる活動に興味があり、自身でも実践。子供の頃から、戦艦ではなく、(それより小さいが)巡洋艦のように幅広い能力を以て単独でも活躍出来るような人間になりたいと思っている。業務はWEB・紙媒体どちらでも可。軟調から硬調まで、確かな技術と知識にてお応え可能。

posted by 藤氏 晴嵐 (Seiran Touji) at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 著者について