2019年04月06日

清明探雪

能郷谷より見た雪残る能郷白山の一部「前山」

性懲りもなく……

4月に入り、気温も急上昇して桜もそろそろ満開に。そういえば、昨日は二十四節気の「清明(せいめい)」入りでもあった。

そんな春確実の、4月第一週末。性懲りもなく、また探雪の山行に出かけた。是非とも今季の鍛錬と装備試験の仕上げを行いたかったのである。

場所は奥美濃(岐阜県北部)の能郷山(のうごうさん)。所謂「能郷白山(権現山)」である。越前福井との県境に連なる越美山地(えつみさんち)の最高峰で、標高は1617m。かなりの遠方であったが、この時期、京都から車行・日帰りが叶う「冬山」は既にここぐらいとなっていた。

また、それらの事情とは別に、霊山を示す「白山」の名を持つ奥山として以前より興味を抱いていた、ということもあった。

一応、現地の状況を下調べしていたが、実際のところはわからない。果たして奥美濃の地に冬山登山が可能な雪峰が残っているのであろうか……。


上掲写真 木曽三川の一つ、揖斐川(いびがわ。上流部名称「根尾川」)源流域である能郷谷より能郷白山の一部(前山。標高約1510m)を見る。先月比良山脈南部に行った際、ホッケ山から見えた雪山である。神々しいその主峰はこの西奥(左)にあり、麓からは中々見ることが出来ない。


IMGP8907.jpg

雪解けの山間に霊峰現る

朝暗い内に起きて準備するも、車を借りに行くなどしたため、結局明るくなってからの出発となった。時間節約のため高速道で滋賀県を通過し、岐阜県内では様々な下道を経て、能郷谷への山間路を北上した。

途中、すっかり雪が消えた山間奥に、独り雪を戴く能郷山を見て驚く。白く発光するが如き神々しい姿で、只ならぬ存在感を放っていたからである。それは、正に太古から人に崇められるべき霊山としての姿であった。

時間的理由によりその撮影は叶わず、麓の能郷白山神社のみに立ち寄る。加賀白山を祀る、かの白山比刀iひめ)神社と同じく、能郷山共々泰澄上人が奈良時代に開いたものという。思えば、泰澄上人縁の山は、昔登った白山と去年登った日野山(ひのさん)に続く3つ目であった。

こうして先を急いだが、結局、現地開始時間は9時前となった。林道ゲート前は、既に登山者のものと見られる多くの車が停まって静まり返っており、否応なしに遅刻の気分にさせられる。

致し方あるまい。ここからの距離も高低差もかなりある、正に1日がかりの行程なので、無理をせず、進める所まで行くことにしよう。

写真は歩いて遡上した林道脇のブナ林。根の曲がり方からすると、厳冬期はこの辺りでもかなりの積雪があるかと思われた。因みに最初の写真も林道を歩き始めた頃のもの。山自体は疎か、登り口ですら遥か先であった。


能郷白山の登山口から続く見上げるばかりの急登道
登山口から続く見上げるばかりの急登の道

退屈な舗装林道を急ぎ、急登の登山路へ

所々自然林を観察したりもしたが、やはり舗装路歩きは退屈であった。しかも長く、結構な登りでもあった。更に、上流に行く程、恰も震災に遭ったかの如く路面が波打ち始め、歩行も難儀するようになった。

とはいえ、なるべく早めに進み、何とか標準時間の1時間は費やさずに登山口に到着。朝から気温が高いこともあり、水分を補給して山道に入った。

雪が失せてかなり日が経った印象の登山路は時にロープも渡されるような急登の連続であった。ここでも気温の高さが影響して疲労させられる。


能登谷から前山の雪渓下に続く作業路
能登谷から前山雪渓下に続く廃道

全身釘打ちの聖山

急斜で浮石の多い尾根道を登ると、何と林道に出た。標高は既に1000mを越えている。

前山の尾根中腹を切り、能登谷源流の雪渓下に続くその道は、恐らく治山治水用の作業路かと思われた。谷なかを見渡せば、至る所に親の仇の如く施された堰堤の連なりがあった。

土石流や雪崩から麓の集落を守るほか、日本有数の洪水頻発地である濃尾平野の護りとして重要なのは理解出来るが、何やら全身釘打ちされた聖山の姿を見た気がして、複雑な気にさせられた。

拉げたガードレールや路面から伸びた樹々、そして麓の荒れ具合を考慮すると、ここに車輌が登り来る日は最早無さそうにも思われたが、自然の大きさと共にそれに対する人の威力たるものを改めて知らされた気もした。

事前に調べた際、北裏の峠から主峰に至るルートに比して労多い能郷谷ルートを自然多き道として勧める意見を目にしていた。しかし、谷なかを進む段階からかなり違和感を感じていた。その原因が、正にこれであった。

確かに天然林等の自然は豊富にある。

だが、これほどの奥地にもかかわらず、谷の両側は疎か、方々に切られた作業路やそれに因る山肌の崩落等々、この地全てに影響を与える人の行為と意思を、強く感じざるを得なかったのである。


能郷白山の前山下のお迎えブナ
廃道を横切り、また尾根の急登をゆくと、やがて写真に見る通りの、一本立ちの大きなブナが現れた。幹に「お迎えブナ」との札が付けられた、道標的樹木のようである。そして、この上部辺りから雪が深くなった

麓からもブナの大樹は観察できたが、梢に赤みがあることが気になっていた。今それに接して判ったのは、その色は芽吹きによるものだった、ということ。未だ厳しい山上にも、確実に春が迫っていたのである。


能登谷西の稜線
やがて尾根の急登が終り、能登谷西の稜線に出た。標高は1150m、前山に続くものであり、残雪多い雑木の尾根であった。実はこの付近にて一時的体調不良を起こし、30分弱の時間ロスが発生


能郷白山の前山とそれに続く雪の尾根筋
稜線を登ると、笹多い道となり、前山(写真右奥側)とそれに続く尾根筋が見え始めた。雪深い急斜となり、ワカン(かんじき)とアイゼン(爪底)の装着を考えたが、先達らの足跡を参考にそのまま進むこととした。但し、下りは危険なため10本爪以上のアイゼンが必要である(付けずに下る足跡もあったが……)


前山から見た能郷白山山頂
そして前山着。標高は1500m程。漸く能郷白山の姿(中央奥)が現れた


まだ冬山風情の能郷白山横の前山の雪原
まだ冬山風情の前山の雪原

能郷山登頂決行

卓状に開けた前山の雪原に荷を置き、アイゼンの装着と水分補給を行う。気温は5度弱と高めだが、辺りは完全に冬山風情。ただ、風が強く、フードを被るなどして対策した。

時間は12時を過ぎていた。本来は午前中に到着するつもりであったが、雑木帯での停滞により叶わなかった。最新情報では、能郷山山頂まではあと1時間程らしいので、登頂を決行することとした。

なお、前山の手前辺りから下山する先達らとすれ違い始めた。装備や日程の関係か、それらの一行は、単独か二人連れのみであった。


前山・能郷山間の雪庇越しに見た磯倉の山頂

前山から能郷山への道は尾根渡りとなる。一旦下り、数十mの上下を繰り返して最後に200m程上昇する。雪庇も健在で、注意しながら進む。ワカンが必要な積雪量だが、踏み跡が確りしている為それを頼って使わず。

写真は、雪庇越しに見た磯倉の山頂(1541m)。鋭角の姿が美しく、山頂直下にはトレースも。能郷山山頂の南に連なる山で、時間的余裕がある人は立ち寄るらしいが、残念ながら私にはその余裕なし。


磯倉山頂と能郷山側面
磯倉右隣には雄大な能郷山本体も。その上端にも防波堤のような雪庇の連なりが見られた


能郷白山頂上への雪の急登
前山から続く稜線の最低鞍部を過ぎ、能郷山山頂直下に至る。見上げると、かなりの急登。先達の装備を参考にストックをピッケルに転換した


残雪の能郷白山と奥宮方向からトラバースして下る人
能郷山山頂への登りの途中、頂部から山肌をトラバース(巻き歩き)下降する人も見えた(中央左の稜線下の黒点)。あとで聞いたところ、昨年の台風で飛ばされたという能郷白山神社の奥宮を探した帰路とのこと


能郷白山山頂と標識
そして山頂着。時間は13時40分であった。雪は日射で緩んでいたためピッケルは必携ではなかったが試用出来て良かった。写真はビニールがかけられた山頂標識。この傍に一等三角点もある筈だが、完全に埋もれている


能郷白山山頂から見た荒島岳と白山
奥美濃最高峰の能郷山山頂からは周囲のあらゆる山々が見渡せた。この写真では、最も奥が白山(2702m)、その左手前が百名山の一つで越前大野の荒島岳(1523m)が収まる


能郷白山山頂から見た白山
荒島岳(左手前)と白山(中央奥)を望遠撮影にて。この他、木曽御嶽山(3067m)等も見えた


能郷白山山頂からの雪の下山路
能郷白山山頂からの下山路

風も穏やかな山頂にて暫し休み、14時に下山を始めた。日没には充分間に合うが、その後の車行も長いので、先行の人より先に進ませてもらった。


能郷から見た能郷白山(中央奥)と前山(右)
帰路の車道より振り返った能郷白山(中央奥)と前山(右)。太古から変わらぬこの厳粛な眺めが、いつまでも続くことを願いたい

下山。今季の鍛錬・試験終了

そして、あまり休まず歩き続けて17時前には車に戻った。やはり全区間相当の急斜で、下りとはいえ足腰が疲労した。また、最後の長い林道歩きも気分的に辛く感じられた。

とまれ、無事登頂することができ何より。雪も豊富で、装備の試験も叶った。遠路遥々訪れて良かった。これにて今季の鍛錬と試験は終了である。

ところで、この冬集中的に同様を行ったことに対し、方々から質問を受けていた。それへの答えは、自分の技能・体力の向上と、それを基にした他者への教導・救助対応の強化であった。

思えばここ10数年、初心者向けの山会の引率が多かったので、自分自身の成長が止まっていた。これを打開し、皆の為にもなるよう、一歩難易度が高い山行や装備研究等を始めたのである。また、家や街場に引き籠りがちとなる冬場の活動を模索する目的もあった。

これらは、あくまでも近場で無理せず行うためのもの。地元の良さを再発見するという各会の趣旨にも適っている。よって、今回のように時間や費用を惜しまずギリギリの行程で山を往復する余裕を欠く行動は本意ではない。あくまでも、時季を意識した個人的な訓練・学習の一環であった。

今のところ、これらの学習や試験がどんな企画に結実するかは未定だが、気長に楽しみにしてもらえれば幸いに思う。

posted by 藤氏 晴嵐 (Seiran Touji) at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 山会