2018年08月26日

府北納涼

舞鶴郊外を流れる岡田川とその河原

納涼高地泊中止
府北舞鶴で代替避暑を


昨日から舞鶴の友人宅にお邪魔していた。本来なら、京都市街北部「北山」にある高地集落の宿にて恒例の納涼泊を行うつもりだったが、先日の台風による停電で中止となった。

灯火でも、月明りでも我慢するので、是非行きたいと思い、当日昼ぐらいまで様子を窺ったが、水が出ず準備不能となったため、中止となった。水に恵まれた山間ながら、ポンプによる配水だったため、停電の影響を逃れることが出来なかったのである。

致し方ないが、年一回の楽しみだったので、誠に残念であった。

しかし、予定を空けていたのと、変わらず猛暑日が続くことなどから、おさまりがつかず、共に宿泊する予定だった友人の家に急遽お邪魔することにしたのであった。


上掲写真: 舞鶴2日目の今日訪ねた、同市郊外の清流河原。


加佐地区の集落と田園

初日の昨日は到着が遅かったので、友人宅での会食にとどめ、2日目の今日、郊外を案内してもらうこととなった。場所は川遊びができる郊外の清流である。

北部とはいえ、今年は舞鶴も連日猛暑に見舞われていた。よって、涼しい場所を目指したのである。

写真は舞鶴市街から車で30分程の場所にある山間の集落。そんなに山奥や標高の高い場所でもないが、豊かな自然と農村風情が残っていた。


舞鶴・岡田川での水浴

山間清流で水浴納涼

特に良かったのは、目的地にしただけはある「川」。集落近くを流れ、また中流的な場所にもかかわらず、水や河原が大変美麗であった。

友人の知人である地元の人から水浴びに適した場所を聞き、少し深みと木陰のある写真の場所で水浴することにした。適度に水が冷たく、気持ちが良い。昨晩から暑かったので、ちょっと一息である。


加佐の大庄屋上野家

小魚と戯れつつ水浴を堪能したあと、近くの集落に残る古い屋敷を見学。

写真の建屋がそれで、19世紀半ばの幕末に建てられたという庄屋屋敷。付近の14箇村を束ねる田辺藩管轄の大庄屋、上野家の所有であったが、平成15(2003)年に舞鶴市に寄贈され、公開施設となっていた。

庄屋家見学後は市街へと戻り友人宅で昼寝休憩。そして夕方から食事を頂きつつまた一献。結局もう一泊して早朝帰宅することにしたのであった。

高地泊の中止は残念であったが、こうして、別所での歓待と避暑を得ることが出来た。感謝!

posted by 藤氏 晴嵐 (Seiran Touji) at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 紀行