2023年01月10日

車窓探雪

新幹線車窓からみた多量の雪に覆われる伊吹山 超特急車窓の雪峰探し 正月休み及び連休明け早々ながら、珍しく新幹線に乗る機会を得た。 その車窓から景色を観ていたが、気になるのは、やはり山。しかも時節柄雪山で、つい遠望してまで、その存在を探してしまう。 そう、今季はまだ雪山に入っていない、ということもあった。昨年12月はまだ近隣の山に雪が少なく、また今日のように遠方への所用のため年初も行けずじまいだったのである。 富士山や、僅かに覗く南アルプスの雪峰に次いで、確かな冠雪の姿を見せたのは、写真の..
posted by 藤氏 晴嵐 (Seiran Touji) at 00:00

2022年02月27日

雪中捜検

比良川河岸付近の山麓よりみた、山上に雪を戴く堂満岳と比良山脈の山々。2022年2月27日撮影 雪山の落とし物探し 今日も朝から雪山へ向かったが、今回は登山が目的ではなかった。 先月初めに隣県滋賀西部にある比良山脈の堂満岳(暮雪山。標高1057m)山行の帰路にストック(山杖・トレッキングポール)の一部を失くしたが、その回収に出向いたのである。 まあ、過日記した通り、恐らくは回復不能な故障があったので、回収しても使えない可能性が高かったが、放置して山のゴミにするわけにもいかず、早期の回収を試みることにした。 さて、ここ数日温暖な日が続き、今..
posted by 藤氏 晴嵐 (Seiran Touji) at 00:00

2022年02月12日

比良雪晴

比良山脈麓の比良川河岸辺りから見た、雪を戴く堂満岳。2022年2月12日撮影 久々の全日晴天 雪と湖の佳景求め 先週末の寒波が落ち着き、晴れの日も続いて麓の雪も消えた今週末。また近場の雪山へと向かう。オミクロン・コロナの大流行に因り、人とも会えず、街なか等にも出難いからである。 ただ、途中が冬装備のない車行ゆえ、気温が低く路面凍結の恐れがある朝を避け昼前から登ることにした。山での遅出は、基本控えるべき行動だが、無理せず行けるところまで進み、短時間で済ませるつもりであった。 向かったのは隣県滋賀西部の比良山脈は堂満岳(暮雪山。..
posted by 藤氏 晴嵐 (Seiran Touji) at 00:00